2017年03月27日

腰椎椎間板ヘルニアによる座骨神経痛の積極的な治療


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

ここのところ、3月の割りには気温が上がらないせいか神経痛を訴えて来院される方が多いように思います。
特に腰椎椎間板ヘルニアに伴う座骨神経痛の患者さんが立て続けに来院されています。
身体が冷えると血液循環も低下していますし、筋肉もこわばり神経を刺激してしまい神経痛症状を引き起こしたり、悪化させてしまうということがあります。
治療ではそれとざっくり言うと逆のことを行えばよいということになります。
筋肉のこわばり、緊張を緩め、血液循環を促進し暖かい柔軟性のある身体へバランスシフトしていくということですね。
そのような状態へ誘導していくと、腰椎間の圧力が緩んで、飛び出したヘルニアは元に戻ろうとしますし、身体へ吸収されていって症状が出なくなります。
東洋医学では筋緊張や冷えは気血の循環不良と捕らえて、更にどの経絡(気血の循環経路)が特に阻害されているかを考え、効率よく気血の循環を改善し体を元の状態へと導いて行くという訳です。
腰椎椎間板ヘルニアの場合でも直接飛び出した髄核を刺激している訳ではないのですが、気血の循環を整えていくことで「自己治癒力」を高め、結果的にヘルニアも消失していくということになります。

手術の適応まではいかないけど、投薬治療やリハビリだけでは今ひとつ症状が改善していないという方には鍼灸を試してみる価値は十分にあると思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2017年03月09日

枕の影響


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

患者さんからもよく寝具についての相談をされることがありますが、寝具については一様には回答できないのが現実です。

と言ってしまうと話が終わってしまうのですが…
特に枕については多かれ少なかれ頭の形も違いますし、肩幅も関係しますし、骨盤、腰、背中、からも影響がありますし、好みの問題もありますので、なかなか難しいです。ひとつ言えることとしては思っているより低めでちょうど良いということでしょうか。

あとはその時々の状態によって、微調整ができることが望ましいので、枕が合わない感覚があるという方にはバスタオルを折りたたんで高さを調整できるようにして枕にしていただくようお話しています。

比較的に高い枕を使用している方は低い枕だと「眠れないのでは?」と感じるかもしれませんが、実際のところはさほど高さがなくてもしっかり眠れたりします。むしろ枕が高くなることで、仰向けの場合は「おじぎ」をしているような格好になり、角度が大きくなることで、周辺の筋肉を引っ張って痛みが出現することもあります。寝ている姿勢で余分な緊張がなるべくないような高さの枕にしていただくことが大切だと思います。

先日、来院された患者さんで、「起床したら両腕ともしびれて困る」という方がいました。いろいろとお話を伺っていると枕の影響がありそうだったので、上記のようなお話をして枕をバスタオル枕に換えていただいたところ、翌日から腕のしびれは出なくなったとのことでした。同時に全身のバランスを整えているということもありますが、枕で大きな負荷をかけなかったということも腕のしびれを取ることに寄与したと思います。
それだけ枕が大きな影響を及ぼしていたということだと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ご注意

2017年02月22日

セルフケアの重要性


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

大切だとは分かっていてもなかなか継続できないのがセルフケア。
お体の状態にもよりますが、治療を毎日行なう訳にもいきませんし、いくら治療をしても筋肉が発達していくような治療は皆無と言っていいと思います。治療とセルフケアは車の両輪ですから、できるに越したことはないのですね。

この間、長時間歩行すると膝が痛いとおっしゃる患者さんに軽いスクワットをセルフケアとして実施していただきました。
まだ40代とこの患者さんが若いということもありますが、その後、長距離歩行しても膝が痛くならなかったと嬉しいご報告をいただきました。

30歳前後で成長のピークを超えてしまう筋肉は一見しっかりついているようでも、機能が低下していたり、見た目にも筋肉が痩せて筋力低下しているケースもあります。

日常生活を送る上ではムキムキに筋肉を鍛える必要はありませんが、少し負荷をかける場合などは筋力がしっかりしている方が、疲労も残りにくいですし、傷めにくいので、しっかり働く筋肉、筋力が維持できるよう心がけたいところです。

すでに筋力が低下している方、筋肉が痩せてしまっている方は無理のない範囲で、筋肉を動かして少しでも機能の維持、向上ができるよう意識して生活していただければと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:セルフケア
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 予防と養生