2011年10月20日

お世話になった養成施設で講演を行ってきました。

本日は和み堂は休診日。ちなみに明日も学会出席のため休診します。

で、休診日ですが、ご縁あってというか引き寄せなのかは分かりませんが、私が鍼師、灸師、あん摩・マッサージ・指圧師の勉強するためにお世話になった神戸視力障害センターに来春、卒業予定の生徒さんを対象にした進路指導講座の講師として招かれ、講演を行ってきました。

私なんぞはまだまだよちよち歩きのひよっこですから、私なんかでいいのか?とか思いましたが、卒業生の生身の声というか、実際に経験したリアルの話の方がこれから社会に出て行く方にとっては有意義ということをおっしゃってましたので、お引き受けすることにしました。

とはいえ、自分自身が経験したり勉強したことしかお話することはできませんし、治療家として経営者としてノウハウは書籍からも得られますが、個々の状況からあまりにもかけ離れた内容では意味がないですので、同じ視力に障害を持った者としてお伝えできる限りの話をさせていただきました。

まぁ、限られた時間の中での話なので、伝えたい内容すべてを網羅することは出来ませんが、ひとつでもふたつでも何か参考になる内容があったならば幸いに思います。

視力障害というのは、比較的に視力の残っている弱視の方ならまだしも、全盲に近づけば近づくほど社会生活は大変になります。

先天の方と中途で障害を負ったかによっても全然状況は違ってきます。

視力に障害を持った状態で治療院を経営していくには健常者にはない不便さもありますし、工夫や協力を得ることも必要となってきます。

ある意味、とてもニッチな状況と言えるのですが、私の話が先に社会へ出た者としてこれから社会へ再び飛び立とうとしている方へのエールとなれば嬉しく思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害

2011年09月05日

盲導犬協会の募金箱がやってきた!

私は視覚障害があるとはいえ、盲導犬の貸与は受けていないのですが、ちょっとご縁があり、治療院に盲導犬協会の募金箱を設置することになりました。

知人が、この度の東日本大震災で多くの視覚障害者も被災していることもあり、同じ視覚障害を持った者として、いや視覚障害の有無は別にしても何かできないかと考えた結果、ご自身の若かりし頃、まだ視力障害も無かった頃に世界を放浪して旅した回想録を自費出版し、その本を贈呈しつつ、募金を呼びかけるということを始めました。

で、その窓口が盲導犬協会という訳です。で、うちにも協力依頼があり、募金箱設置とあいなったという訳です。

盲導犬協会の募金箱 前側の画像盲導犬協会の募金箱 後ろ側の画像



写真の募金箱は社会福祉法人 兵庫盲導犬協会の募金箱ですが、期間を定めて財団法人 日本盲導犬協会を通し、東日本大震災の支援として募金されるとのことです。

定めた期間の後は兵庫盲導犬協会の募金となるようです。

私も将来的には盲導犬のお世話になるかもしれませんし、現時点でも盲導犬の貸与を待っている方が結構いらっしゃるのですが、盲導犬の育成が追いついていないということもあるようですから、少しでも協力できればと思います。

話は変わるんですが、同じ盲導犬協会という団体名が付いているんですが、組織としては全く別組織なんだそうです。知りませんでした。(^^ゞ

感覚的には兵庫県盲導犬協会の上位団体として日本盲導犬協会があるのかと思ってましたが、そうではないようです。
盲導犬を必要とする方は全国にいらっしゃいますし、人口密度も地域で全然違うことなどを考えると全国組織として一括運営した方がメリットがあるようにも思うのですが…

兵庫盲導犬協会とはいえ、兵庫県内の方が対象ということではなくて、例えば北海道在住の人が兵庫盲導犬協会で育成した盲導犬の貸与を受けることも可能なんだそうですが、そういうことって組織体制などをよくご存知でないと分からないことだと思いますし、私のように勘違いしている方も少なくないと思いますから、啓蒙活動の方法を少し検討した方がいいのかもしれません。

何にしても被災地や盲導犬育成のために少しでも役に立てればいいなと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:盲導犬 募金
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害

2011年06月29日

サイトアクセシビリティー

日経メディカル オンラインにこんな記事が出てました。↓
障害者への配慮のなさが目立つ医療機関のwebサイト

 高齢者や障害者に対するWebサイトの利便性を確保するために規定されたJISX8341-3では老眼や視力の低下したロービジョンの方のためにコンストラストをつけるとか、私のように画面が確認できない方のために画像に代替テキストをつけるとか、トップページはキーボードのみで操作できるようになどなどと規定されているんですが、災害拠点病院でそのサイトアクセシビリティーがあまりにもお粗末だったという話です。

災害拠点病院だけでなく、昨今はwebデザインも高度なアクションができたり、サイト内でもさまざまなプログラムが動いていることが多く、私のように画面を音声化ソフトを使用している者にとっては非常に閲覧しにくいサイトも増えています。

今回の東日本大震災の際には情報がとても重要だったということが言われていますし、その情報を得る手段は携帯電話だったりPCだったりしていたことを考えると、サイトアクセシビリティーはもっと重要視されるべきだと思います。

特に行政や医療機関などは是非ともサイトアクセシビリティーの向上をお願いしたいものです。

あっ、ちなみに話はちょっとそれますが、この日経メディカル オンラインの記事は全文を閲覧するには会員登録が必要です。無料で登録できますので、興味のある方はどうぞ。他にもいろんな記事がありますので、知識源にはなるかと…





ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害