2012年10月18日

見間違えとはいえ…

人の為すことにはミスはつきものですが、普通は分かるんじゃないかと思ったのがこの記事。
白い杖を日本刀と見間違い、警官がテーザー銃で障害者撃つ(AFPBB News)

何でも州警察に「刀を持った男が町中をうろついている」という複数の通法があり、急行した警察官が白杖で歩行中の視覚障害者を容疑者と思い込んで、停止命令に従わず歩行した、この男性にレーザー銃を発砲したということのようです。

見間違えというのは誰しもあることではありますが、白杖で歩行している人をどう見れば刀を振り回しているように映るのか不思議です。

しかも駆けつけた警官は複数だったようですし、誰か気づく人がいる方が自然だと思うのですが…

思い込みと確認不足がこのような事態を引き起こしたのでしょうけど、ミスはなるべく少なくなるよう日常生活にも気をつけたいものです。
被害者の男性が大事に至らなかったことがせめての救いでしょう。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

posted by 鍼医Kまたはハリー at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害

2012年07月26日

選択肢がもう少し多ければ…

本日の休診日を利用して携帯電話の機種を変更してきました。

長年、D社の携帯電話を使用していて、視力が無くなってからも、D社の携帯電話を使用し続けていました。というか、私が視力に障害を負った当時は、全盲者が使える携帯電話、つまり音声ガイダンスがついている携帯電話はD社からしかリリースされておらず、必然的にD社を使用することになりました。

特に現在の私の携帯電話の使い方ならD社のものでも不都合はないのですが、かなり傷んできたこともありますし、同一キャリアなら家族割引とか、通話やメールが無料になるということもあって、思い切って、キャリアを変更しました。

A社にもいわゆる高齢者向けの「簡単携帯」があって、こちらの機種には音声ガイダンスが搭載されているものがあります。

スマホにするという手もあって、IPhoneならボイスオーバーという機能で最低限の通話やメールなら使用できますし、アンドロイド携帯ならまだまだ不具合はあるようですが、日本語音声化エンジンを導入できるようです。

私の場合は外出時に転送電話を受けるというのがもっぱらの使い方なので、携帯電話の機能はあまり求めていないので、費用も安価でランニングコストも安価な従来型の携帯電話にしました。

本来なら、障害があっても無くても、どの携帯電話でも使用できればいいのですが、あれだけ機種の種類があっても、私が使える機種は、まだ音声ガイダンスが不十分なスマホを入れても数種類です。

選択肢が少ないというのは、それだけ大事に使うという場合もありますが、機能はやはり限られることが圧倒的に多いですし、いい意味の競争が起き難いというようなこともあります。

闇雲に競争しても、必ずしもユーザーにメリットがあるとは限りませんが、ある程度は競争し切磋琢磨する中で、ユーザーにもメリットがあり、提供する側にもメリットが発生するのだと思います。

現状の電力会社を見れば選択肢がユーザーに無いという状況の危うさを実感します。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ



posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害

2012年01月25日

網膜の病に光

ここのところES細胞関連などの話題が多いです。西洋医学もいろんなところで行き詰まり感が出てきている昨今ですから、期待のほどが伺えます。

さまざまな組織になれるヒト胚性幹細胞を使った網膜治療の治験で米国の研究班が視力の改善効果を確認したという発表を行なった。

この治験は「加齢黄斑変性」と「黄斑変性」の患者を対象としたもので、私の眼の状態とは違うのですが、ES細胞から作った網膜色素上皮を異色する治験で一定の成果が得られたことはすごいことだと思いますし、他の網膜の疾患にも応用できるかもしれませんので、ちょっと期待してしまいます。

最近は視力障害を起こす原因に糖尿病性網膜症が占める割合が随分と増加していると聞きます。メタボの問題とかその前段階の対策も大事ですが、結果的に網膜に異常が出てしまった場合に、改善の余地があるのとないのとでは雲泥の差だと思います。

東洋医学では身体の機能面を重視しているところがありますが、それはそれで大切なことなのですが、身体の組織が壊れてしまって、再生の可能性が少ない場合などはこのようなES細胞の研究がその力を発揮すると思います。

国内では最先端の研究を行なう環境が整っていないようですが、今後の人類のためにも国内で研究できる環境を整えてもらいたいと思います。限られた国家予算をどのように振り分けるかということが重要なので、利権のしがらみを引きずらないで、将来的なことを考えて予算配分をして欲しいと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害