2013年06月16日

ブラインドセーリング

たえまない努力や志がベースにあるのだとは思いますが、人の可能性はどこまで広がるのだろうかと興味深く思っていることがあります。

全盲の鍼灸師・岩本光弘さんと、読売テレビでキャスターを務める辛坊治郎さんが16日、小型ヨットでの太平洋横断に挑戦するため、福島県いわき市の小名浜港を出発しました。

8日に大阪の北港を出発し、福島県を経由して米国サンディエゴまでの約8160kmを55日間かけて航行する予定だそうです。

眼の不自由なブラインドセーラーが太平洋を横断するのは世界初となるそうですが、太平洋を小型ヨットで横断すること自体がすごいことで、そのチャレンジ精神には脱帽させられます。

船の状況を知るために、専用に開発されたアプリを搭載したiPad miniも同乗しているとかで、そちらも興味をそそります。

航海の状況は下記のブログにアップされていますので、チェックして下さいね。
ブラインドセーリング
http://www.b-sailing.com/


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害

2013年01月17日

盲導犬協会募金へのご協力ありがとうございました。

先日、縁あって、和み堂に設置している、盲導犬協会の募金箱の回収、交換に盲導犬協会の人が来ました。

募金箱には鍵がかかっているので、集まった募金額は後日、連絡があるとのことで、その内容が書面で送られてきました。

集まった募金は1345円でした。ありがとうございました。

一見、少ない額のように思えますが、当院のように完全予約制で、また、鍼灸という業種は新規患者さんがバンバン来るというようなところでもないので、たくさんの方にご協力いただいたと思います。

私は盲導犬ユーザーではありませんが、盲導犬を必要としている方もいますし、私も将来的には盲導犬のユーザーになるという可能性もありますから、こうして募金にご協力いただけることはとてもありがたいことです。。

一部、ユーザーの行動が問題となったり、盲導犬や介助犬など補助犬は動物虐待だという方もいますが、多くのユーザーはペット以上に大事にしているはずです。

犬が苦手な方もいるでしょうし、盲導犬の認知不足でトラブルになることも、まだまだ多いとは思いますが、動物と人、盲導犬やペット、障害のある無しに関係なく、皆が住みやすい社会になることを願います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 視覚障害

2012年12月13日

第46回衆議院選挙 期日前投票へ行ってきました。

本日は休診日!例によって、お休みの日はもっぱら用事を片付ける日だったりします。なので、本日も少しバタバタしていました。

それで、用事のひとつが、第46回衆議院選挙の期日前投票へ行くことでした。

選挙当日は休診ではないので、選挙へ行く時間が確保できるか分からないということので、いつも期日前投票へ行きます。

ただ、今回は引っ越しをして初めての選挙なので、選挙会場が違います。また、小選挙区制では前と選挙区も違います。

今回の選挙区では立候補者は4名、自民、民主、維新、共産の候補者がいたのですが、んー…かなり悩みました。

立候補者が乱立している選挙区も大変でしょうけども、候補者が偏るというのも、ちょっと…

まぁ、それはともかく、投票は行なってきました。

私は点字投票を行いますが、これがなかなか大変です。何が大変かというと、選管の職員が不慣れということです。まぁ、点字投票する人は相当に少ないので、仕方ない部分はありますが、基本的には投票用紙を点字が書ける投票用紙にしていただくだけでいいんですけどね…

墨字(一般の活字)が読めない場合に点字もしくは代理投票が認められているのですが、最初の受付のところで、点字か代理投票にするかの選択は尋ねられず、「代理投票ですね…」なんて言われるものですから、すかさず「点字投票で!」と即答しましたが、その後、担当者が来ますからと、結構長い時間、待たされました。

視覚障害者関係のMLでもそういった話題が出ていましたが、いろいろと配慮されているのは分かりますが、当事者としては、点字が書ける用紙さえ渡して貰えれば、あとは会場内の誘導をしていただくだけで大丈夫なんですけどね。

障害を持っている人もいろいろですから、一概には言えませんし、障害を盾にいろいろと理不尽なことを言う人もいます。

障害があることでいろいろとご協力をお願いすることはありますが、障害者という括りで一様に対応するのではなく、また、担当者を決めなくても、要件が満たされるような社会になればいいなと思いますし、そうできるように尽力していかなければならないとも思いました。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害