2013年04月27日

野生とペット どっちが幸せなのか?

最近はめっきり野良犬は見かけなくなりました。野犬化すると大変ですし、野良犬はすぐに保健所に連れていかれるからかもしれません。

同じ、ペットとしてよく飼われる猫については、うちの周辺だけかもしれませんが、野良猫がやけにたくさんいます。

先日から泣き声からすると生後まもない子猫の声が家の周辺でしています。
家人が言うには親猫と子猫を3びき、見かけたと言っていました。

子猫の鳴き声を聞くと、結構激しく泣くので、わずらわしくも感じますが、同時にちゃんと生きていけるのか?と切なさも感じます。

うちで飼うことはできませんし、親猫もいることですから、きっと生きていけるのでしょうけども、前途は多難続きだろうと。

野良猫の平均寿命は4年ほどだそうですが、それに引き換え飼い猫の平均寿命は10数年で、長寿名猫だと20年近く生きるそうです。

飼い猫はおそらく去勢され、よほどひどい飼い主に当たらない限り、食事の心配はないだろうと思いますが、種族維持という本能は封印されます。野良猫は飼い猫のような制限は受けませんが、生きるために過酷な環境に身を置くことになり、平均して寿命も短くなります。

どちらが良い、悪いということは一概には言えませんが、果たして猫にとってはどちらが幸せなんだろうかと、ふと思ったりします。

人は生きていくため、生活を便利にするために科学技術を発展させてきました。そして、現在、発展途上の国や科学技術の恩恵を受けていない国々も多くありますが、先進国をはじめ、多くの国では身体への負担は減少し、寿命も延びています。

生活が便利になった反面、代償も多く、環境破壊や食糧問題も拡大してきているようですし、様々な兵器によって武力衝突などにより多くの人命が失われたり、原発や核兵器などトラブルがあった時に制御できないものまで造ってしまいました。

犬猫のみに留まらず、様々な動物が飼育され、ある意味、生態系にも影響を及ぼしているというのが現在だと思います。

良し悪しは、何とも言えないとはいえ、人間が地球上の様々なものに影響を与えているということを、きちんと認識しておく必要があると思います。世の中はすべてバランスで成り立っていると思いますし、大きな歪みは必ずどこかに影響を及ぼすのだということを忘れないようにしたいものです。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
タグ:ペット
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ふと思ったこと

2012年10月16日

「髪は女性の命」と言ったものですが、今はむしろ男性の方が…

年齢を重ねると多くの男性が悩む頭髪。私も漏れなく頭髪に変化が出ています。まぁ、悩んではないのですが…

少し前にも話題に上がった事なので、記憶している方もいるかもしれませんが、AGA(男性型脱毛症)に薬物治療を行なっている方が増えているそうです。

AGAは「思春期以降、額や頭頂部の毛髪が細く薄くなり、抜け毛が進行する」状態だそうですが、日本人の場合は三人に一人が該当するようです。

主な原因は男性ホルモンであるテストステロンに「5α−還元酵素II型」が作用して別の男性ホルモンジヒドロテストステロンに変換され、これが毛髪の成長を抑制してしまうためで、その還元酵素の働きを抑制する薬物が開発されて、現在処方されているということです。

「主な原因…」ということですから、他にも原因になることがあるということになりますし、薬物治療を行なっても個人差は大きいんじゃないかと…

まぁ、私も額が若い頃よりは後退していますし、全体的にはボリュームも減っているのですが、毛髪が薄くなったり抜けてしまったとしても、それはそれで個性なんじゃないかと思います。

実際に悩んでいらっしゃる方も多いですから、気にならない方はいいのですが、そうでない方には、相当なストレスでしょうから、その状態で生活することも得策ではないのでしょう。

ただ、薬物治療をしていれば必ず毛髪が増えたり強くなったりすると思うのではなく、全身のバランスを整え、頭皮の血行を良好に保ったり、「のぼせ」状態を放置したり、不潔にしたり、はたまたきれいにし過ぎたりしないよう気をつけることも大切です。

あと、暴飲暴食や不規則な生活なども決して良くはないですから、その辺りも気をつけたいものです。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ふと思ったこと

2012年10月05日

蚊は賢い?

昨日は外出した時に、本日は家の中で蚊に刺されました。うっ、かゆい!

朝晩はだいぶ涼しくなってきたとはいえ、まだ蚊はそれなりに発生しています。昔より気温が高い日が多いことを考えると、蚊の発生する時期も長くなっているのかもしれません。

しかし、最近の蚊はやけに刺されるとかゆいと思うのは私だけでしょうか?

さて、蚊は動物がいるかどうかは、その動物の呼吸や皮膚から発生する炭酸ガスを感知して分かるそうですが、どこを刺すかということはまた別問題だと思います。

蚊が刺したところをよく観察すると、結構、ツボを刺していることが多いように思います。

ツボはいろいろと体の内部の状況を反映して変化します。皮膚上の変化は皮膚の陥凹やざらつき、湿り気や逆に硬くなっていたり盛り上がっていたりと様々ですが、どうも蚊が刺しているところは皮膚が軟弱になっているところが多いように思います。

要は気穴が虚して力がないところを刺しているように感じます。まぁ、もちろん蚊は虚しているつぼを狙って刺そうとは思っていないでしょうけどね…

虚している部分は気穴が少なくなっていることを考えると、蚊が血液凝固防止のために注入している物質によりカユミは勘弁して欲しいですが、そこに血液などが集中して流れてくることを考えれば、少しはよい部分もあるかもしれません。いや、そこから血液を吸い取られているので、良くはないのか!

蚊が刺そうとするところが、すべてツボではないですし、必ず虚しているとは限りませんが、蚊が今、まさに刺そうとしている瞬間に直面した時にはそこが虚しているツボかもしれないと思って、観察すると勉強になるかもしれません。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
タグ:
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったこと