2015年12月11日

「継続は力なり」 夜尿症を克服した女の子の話


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

最近は以前よりも夜尿症のお子さんが多くなっているというようなことを以前にも書いたことがあると思います。

その要因はいろいろとあるとは思いますが、私的には学校など「子どもの社会」の影響が多かれ少なかれあるのではないかと思っています。

特に我々、鍼灸院に治療に来られるお子さんには、まず器質的な疾患がほぼないからです。

多くのお子さんは泌尿奇経や内分泌系の問題は、膀胱などの発育が未成熟であることを除けばほぼないと言えると思います。

小学校の高学年以降になると特に女の子の場合は肉体的な影響よりも精神的な影響が多いんじゃないかと思います。

今回、診させていただいていた女の子もどちらかと言えば精神的な影響が心身のバランスを崩して、その結果として夜尿が継続していたのではないかと思います。

治療を始めて数回経った頃にとても経過がよくなり、「あと何回か治療すれば安定するでしょう」とお話していたのですが、その後夜尿の頻度が元通りになってしまったりで安定するまで約6ヶ月の期間を要しました。

小児科のドクターも「(夜尿が)止ってもいい状態なんやけどな……」とおっしゃっていたようで、私も同様に感じていました。

とはいえ、症状はまだ治っていませんでしたから、継続治療をお願いしていました。治療期間が長くなると「治らないんじゃないか」というような不安や通院することがしんどくなってしまうことも無いとは言えません。

しかし、この女の子はご家族の理解もあり、治療を継続し、時間はかかりましたが、身体の状態が安定するところまで継続することができました。

夜尿の頻度がぶり返した時にどうなることかと思いましたが、状態が安定して本当に良かったと思います。また、比較的に治療期間が長くなるケースを経験でき私も勉強になりました。Mちゃん、永井間よく頑張ったね。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:夜尿症
posted by 鍼医Kまたはハリー at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2015年11月06日

新たな出会いは刺激になる!

ブログランキングに参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

11月3日は臨時休診させていただいて所属学会の特別研究会に参加してきました。

特別研究会は他の学会や研究会の著名な先生を講師としてお招きして日ごろの活動がマンネリ化しないように、また新たな刺激や気づきを得るためなどの目的で行なわれているものですが、とても有益な事業です。

今回は徳島県鍼灸師会 副会長であり、経絡治療学会 夏期大学講師でもある大上勝行 先生をお招きして「経絡治療の現在」という演題にて講演と実技指導をしていただきました。

私は養成施設時代にも大上先生の手ほどきを受けたことがあって10数年ぶりの再会でした。

大上先生は経絡治療を研究・実践されている先生ですが、同じ経絡治療と言っても古典書物の解釈の違いなどによって少しずつ違う点があります。

相違点は単純に正誤ではないのですが、一つの現象もその切り口によって表現が変わったり捕らえ方に違いが出るということだと解釈しています。

同じ人を診ている訳ですから本質的な部分はそう変わるものではないはずですし、アプローチが少し違うということなんだと思います。

何はともあれ、他の学会の第一線で活躍されている先生との交流はとても刺激になります。感謝感謝!

大上先生の著書を下記にご紹介します。

東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える

図解 よくわかる経絡治療講義

毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2015年09月28日

鍼灸の思いがけない効果!


ブログランキングに参加しています。お時間のある方は是非!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

夏前から診せていただいている患者さん。
この患者さんは70歳代ということもあり、ここ数年は夏になると熱中症症状で2、3回は入院して点滴を受けたりしていたそうです。

ところが、今夏は全く熱中症にはならなかったとのことで「これも鍼灸の効果なのかな?」とおっしゃっていました。

主訴は全く熱中症とは関係ない症状ですが、私の治療は常に全身のバランスを整えていく治療ですから、このように患者さんにとっては思いがけない効果をもたらすことがあります。

東洋医学では現代医学のような病名診断は行いませんが、その代わりに身体の状態がどのようにバランスを崩しているのかということを考えて、それらを元の状態に戻していくという風に治療を進めていきます。そのため、主訴となる症状はもちろんですが、その他の症状(自覚していない症状も含めて)が取り除かれていき、身体の状態がよくなっていくのです。全身を診る治療のメリットですね。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学