2016年05月29日

「逆子」の鍼灸治療を金鍼で!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ
只今、「10周年記念10%割引キャンペーン」継続中です。キャンペーンクーポンはこちら↓
10周年記念10%割引クーポン(pdfファイル)
*使用期限:明後日、2016年5月末日まで。ご予約枠は少し残っておりますので、ご利用されたい方は是非!

妊婦さんが鍼灸院に来院されることは結構あると思います。
「安産養生」や「妊娠中は服薬をさけたい」ということや、急激な体型の変化の影響で起こる様々な不調を改善するなどいろいろと要因はあります。

その中で、「逆子」の治療に妊婦さんが訪れることもあると思います。

鍼灸の勉強をした方なら逆子の治療ならまず思い浮かぶ経穴は「至陰」や「三陰交」だと思います。これらももちろん有効ではありますが、別の方法をご紹介します。

少し前に所属学会の先生と話ていて、金鍼を使った治療がとても効果があったということでシェアします。

私は現在、寸3 30番の金鍼の先を丸めた鍼を使用しています。金のテイ鍼でもよいと思いますが、金メッキではおそらくあまり効果が期待できないと思います。

この金鍼を逆子の患者さんの「関元」に接触鍼で30秒ほど当てます。場合によってはもう少し長く接触させます。

すると、直後から胎動が増し、胎児が自身で動いて元の位置に戻ってくれます。

この間、妊娠28週目の妊婦さんが張度逆子になっているとのことで上記のようにしたところ数日後の産婦人か受診の時には逆子は解消されていました。

妊娠がどの時期かによっても効果は変わるでしょうけども、そういう方法もあるということでお知らせしました。ご参考に!


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:逆子 金鍼
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2016年03月17日

鍼灸治療はなぜ眠気を誘うのか?


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

約1ヶ月ぶりの更新です。(^^ゞ
この寒暖の差の影響もあって治療院が忙しいこともありますし、その他の諸々の用事があったり、友人がしばらく滞在していたりなどなど、少し日常と違っていたりしておりました。

さて、話は変わりますが、ここのところ複数の患者さんに同様のことを質問されました。
それは何かと言うと、「治療を受けている間はとても眠くなるのはなぜか?」ということです。

初診時に「治療中は眠くなることがある」ということはお話しているのですが、「なぜ眠くなるのか」ということを詳しくはお話していなかったと気づきました。(^^ゞ

ざっくり言うと鍼灸の治療中は自律神経の副交感神経が優位になる、つまりは身体が休息状態になることで睡眠を誘ったり、消化管の活動が活発になったりするのですね。

ですから、眠くなることはもちろんですが、お腹が空いている訳でもないのにお腹がぐるぐると鳴る音がすることがあるのです。

現代社会は情報過多ですし、何かと刺激が多い時代ですから常に心身が緊張した状態を強いられていることが多いです。そうなると本来はリラックスしてよい状況にあっても、気が抜けない状態になってしまっている方が多いです。

心身は活動状態と休息状態の切り替えがメリハリよくできてこそ負担がすくなく日常生活を送れると思います。ですから、緊張の多い現代人は積極的に休息、リラックス状態を作ることが大事だと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2015年12月11日

「継続は力なり」 夜尿症を克服した女の子の話


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

最近は以前よりも夜尿症のお子さんが多くなっているというようなことを以前にも書いたことがあると思います。

その要因はいろいろとあるとは思いますが、私的には学校など「子どもの社会」の影響が多かれ少なかれあるのではないかと思っています。

特に我々、鍼灸院に治療に来られるお子さんには、まず器質的な疾患がほぼないからです。

多くのお子さんは泌尿奇経や内分泌系の問題は、膀胱などの発育が未成熟であることを除けばほぼないと言えると思います。

小学校の高学年以降になると特に女の子の場合は肉体的な影響よりも精神的な影響が多いんじゃないかと思います。

今回、診させていただいていた女の子もどちらかと言えば精神的な影響が心身のバランスを崩して、その結果として夜尿が継続していたのではないかと思います。

治療を始めて数回経った頃にとても経過がよくなり、「あと何回か治療すれば安定するでしょう」とお話していたのですが、その後夜尿の頻度が元通りになってしまったりで安定するまで約6ヶ月の期間を要しました。

小児科のドクターも「(夜尿が)止ってもいい状態なんやけどな……」とおっしゃっていたようで、私も同様に感じていました。

とはいえ、症状はまだ治っていませんでしたから、継続治療をお願いしていました。治療期間が長くなると「治らないんじゃないか」というような不安や通院することがしんどくなってしまうことも無いとは言えません。

しかし、この女の子はご家族の理解もあり、治療を継続し、時間はかかりましたが、身体の状態が安定するところまで継続することができました。

夜尿の頻度がぶり返した時にどうなることかと思いましたが、状態が安定して本当に良かったと思います。また、比較的に治療期間が長くなるケースを経験でき私も勉強になりました。Mちゃん、永井間よく頑張ったね。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:夜尿症
posted by 鍼医Kまたはハリー at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学