2017年07月13日

風邪に「葛根湯」は正しい?

ブログランキングに参加しています。クリックしてランキングをチェックしてみてくださいね。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

最近、風邪を引いている方を多くお見受けします。高温多湿で天候も不安定とくれば体調を崩しやすい要因が多いので、体力を温存して養生することが大切です。

ところで、風邪と言えば、患者さんがこんなことをおっしゃっていました。
「風邪っぽくなったら、病院で貰ってる葛根湯を飲んどくねん。ひどくなったら大変やからね。」

んー、半分あってて半分間違っているような感じなのですが、そもそも病院で余分に処方されていることもいかがなものかと思いますが…

葛根湯は中国の古典医学書の「傷寒論」や「金匱要略」に記載があるいわゆる風邪薬ですから、風邪の初期に使用される漢方方剤であるのは間違いありません。

しかし、風邪もいろいろありますから、どんな風邪でも適応かと言えばそうでもありませんし、お体の状態によっては不適当な場合もあります。

葛根湯の効能効果としては「体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み」などと記載されています。

重要なこととしては「体力中等度以上」という前提条件にまずは当てはまっていること。つまりは体力の弱っている「虚証」や「寒証」の人には不適となります。

また、「汗をかいていないもの」ということで、葛根湯は発汗を促して熱を取る、つまり体温を上昇させ免疫力を活性化し、汗を出させて下熱するような処方ということです。

ですから体力の弱っている方には不適当ですし、そのような処方ですから急性期(初期)に使用し慢性期の風にはもちろん不適当ということになります。

安易に葛根湯を使用される方もいらっしゃいますが、上記のようなことも踏まえて現在の状態が適応か不適応かを考えて服用しないと症状を悪化させたり、効果が得られないということにも成りかねませんので、ご注意を!

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:葛根湯
posted by 鍼医Kまたはハリー at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2017年06月12日

「テイ鍼」を用いた鍼治療

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

講演の様子 2017年西神戸地区講習会
6月4日は兵庫県鍼灸マッサージ師会 西神戸地区講習会でした。
今回は以前、掲載した
刺さないハリていしん入門―森本式〔テイ〕鍼を使った治療
の著者の岸田先生が研修をされた「にき鍼灸院」の二木先生にお越しいただいて「テイ鍼」を用いた鍼治療の講義と実技指導を行なっていただきました。

鍼灸の勉強をした方なら「テイ鍼」という鍼があることはご存知だと思います。黄帝内経霊枢の「九鍼十二原篇」に記載がある通り、複数ある鍼の種類のひとつです。「テイ鍼」の特徴としては「皮下に刺入しない」というのが大きな特徴です。

現在、一般的に使用されている鍼の原型は「毫鍼」で、それ以外の鍼を治療では使ったことがないという方も少なくないと思います。

皮下に刺入する鍼を使用せずに治療を完結する二期先生の治療を多くの方に知って欲しいということもあって、今回お招きしたのですが、講習会に参加された先生方の中には衝撃的だった方もいらっしゃるのではないかと思います。

二木先生の治療の主体は「経絡治療」なのですが、それを「テイ鍼」を使用してどのように行なっているのか?、「テイ鍼」をどのように操作しているのか?などなど、「テイ鍼」の使い方は学校ではほとんど教わることがありませんから大変勉強になったと思います。

他にも、刺入しない鍼の員鍼や小児鍼でよく使用するローラー鍼の使用法などもレクチャーしていただいて、すぐに臨床現場にフィードバックできる内容で有用な講習会になったと思います。

遠方よりお越しいただいた二木先生並びに参加された先生方、ご協力いただいたスタッフの先生方に感謝申し上げます。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:テイ鍼
posted by 鍼医Kまたはハリー at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2017年05月01日

糖尿病に対する鍼灸効果


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

生活習慣病は様々なメディアでも取り上げられますし、国も医療費の抑制、削減ということもあって、予防に取り組むべく、あれやこれやと政策を行なっています。

生活習慣病はその名の通り生活習慣が大きく関係しますから、特に予防の段階では投薬を行なうよりも生活習慣を改めることがそもそも必要になってきます。

とはいえ、その生活習慣が簡単に変えられるなら苦労はないというものです。中には生活習慣にはかなり気をつけているのにも関わらず検査結果が芳しくないという方もいます。

ちょうどそのような患者さんが数ヶ月前から来院されています。
この患者さんは糖尿病の既往があって、投薬こそしていませんが、血糖コントロールがなかなかうまく行っていませんでした。
そして、巻き爪から歩行姿勢が崩れ、膝関節痛を発症し和み堂に来院されました。
ちょうどその頃の血糖値の指標であるHBA1cの値が7.2%でした。

普段からかなり食事には気をつけていらっしゃいますし、膝関節痛を発症するまでは出来る限り歩行し、頑張っていらっしゃいましたが、それでもなかなか数値が下がらなかったようです。

それが、この間の内科受診での検査結果はHBA1c6.5%まで数値が下がっていました。

HBA1cの値は1〜2ヶ月間の血糖値の状態の指標ですから通常は急激に下がることはないので、ドクターもビックリしていたそうです。

膝関節痛が軽減するとともに徐々に運動量も増加できたということもありますが、鍼灸治療を受けていたということ以外には特に何かしたということもなく、鍼灸治療によって内臓のバランスが整い、インスリンの分泌にも好影響があったものと思います。また、身体のバランスが整うことで、新陳代謝も向上し、筋肉の状態が改善することでより代謝が効率よく進むようになった結果だと思います。

糖尿病はよほど重度にならない限り自覚症状がありませんから、定期的に検査をして状態を把握する必要はありますが、検査をしたからといって状態が改善する訳ではありません。自己努力が大切になってくるのですが、鍼灸治療を合わせて行なっていただくことで、より状態を改善することができるかもしれません。

「糖尿病に対する治療」ということはもちろんですが、お体の状態が全体的に向上していくことで、様々な不調が改善していくと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
タグ:糖尿病
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学