2019年03月21日

兵庫県鍼灸マッサージ師会 西神戸地区講習会のご案内


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

兵庫県鍼灸マッサージ師会西神戸地区では昨年度は「不妊鍼灸」の講習会を行いました。無事に妊娠、出産ができると、その後は子育てが始まります。子育て中にも様々なトラブルや悩みは尽きないものです。そこで、今回は子育てにおいても特に授乳期のトラブルに対して研鑽を深めるべく、寺子屋お産塾代表の田中先生をお招きして講習会を開催致します。
もし、あなたが「不妊鍼灸専門で産後の診察は行なわない」という方針でなければ妊娠、出産、子育てと一環して患者さんのサポートができるメリットは大きいのではないでしょうか。産後ケアについても興味があるという方は是非ご参加ください。

【参加特典】
 今回、講習会テキストとしても使用する田中先生の著書「入江FTシステム入門」(ヒューマンワールドより3000円で発売)を田中先生よりご提供いただきましたので、講習会に参加された方全員に進呈いたします。今回の講習会でご講演いただく内容はその一部分ですので、他の内容についても書籍で学習できます。参加費が無料の講習会で書籍を一冊手に入れられることは通常ではあり得ないことです。田中先生の「皆様の学習のプラスになれば…」とのご好意を受け取っていただければと思います。

 開催日時:2019年4月7日(日) 13:30〜16:30(フォローアップ懇親会は17時からの予定)
 会場:〒673−0886 兵庫県明石市東仲ノ町6番1号 アスピア明石北館8階(明石市生涯学習センター)学習室803 
 会場連絡先:TEL 078−918−5600
 アクセス: JR神戸線または山陽電鉄「明石駅」下車、南口ロータリーに出て左手。徒歩約3分。 
 googlemaps:https://goo.gl/maps/xrykxyaADCH2

講師:寺子屋お産塾代表 一橋アシラム院長 田中 寿雄 先生
講台:「入江式FTシステムによる産後ケア 〜母乳改善の意義と診察・診断・処置について〜」
参加定員:20名(先着順 テキスト書籍は限りがありますので無くなり次第締めきります)
参加費:無料
参加申込締切:2019年4月5日(金)

西神戸地区講習会に参加希望の方は@氏名 A所属地区 B資料種別(活字 or 点字) Cガイドヘルパーの有無 D懇親会の参加有無を下記申込先までお知らせください。尚、懇親会会費は4000円程度を予定しています。

参加申込先:西神戸地区 学術・広報部長 井上
  e−mail:info*mam-westkobe.com(「*」を「@」に変更してご送信ください)


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学

2019年01月04日

五臓の腎が旺気していない?


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

本日より和み堂は通常通り診療を開始しています。本年もどうぞよろしくお願い致します。
昨年12月あたりから感じていたのですが、今シーズンは寒暖差が大きいためか体が冬モードになっていなくて体調がいまひとつよろしくないという方が多いように思います。
四季の移り変わりが以前ほどはっきりしなくなりその季節に応じた身体になかなかならないということが今シーズンは特に強いのではないかと思います。
東洋医学では冬は五臓の腎が旺気する時期ですから腎がうまく旺気できないと種々の不調を引き起こしかねません。それで腎が弱っている腎虚になっている方が多いと考えられます。腎虚による症状もいろいろありますが、最近多いのはなんといっても腰痛です。あと咽喉痛や疲労が抜けないとか足がよくむくむというようなこともあります。

では腎を助けてあげるにはどうすればいいのかというと簡単な方法のひとつとして腎の経絡が分布している内くるぶしとアキレス腱の間を暖めるとよいと思います。カイロを貼っていただくのもいいですし、レッグウォーマーで冷やさないということもよいと思います。更に下腹部も温めてあげるといいですね。
下腹部は自覚症状がなくても触れて冷えていれば温める方がいいですね。
冬は今からが本番ですから参考にしていただければと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学

2018年07月25日

夏期大学講座 第1日目〜経絡治療における脈状診


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

前エントリーの続きです。
夏期大学第1日目の午後は経絡治療学会理事 (一社)徳島県鍼灸師会副会長 他多数 おおうえ薬局治療院 院長の大上 勝行 先生による「経絡治療における脈状診」との演題の講演と実技デモでした。

大上先生には他の勉強会などでも何度かお世話になっていますが、今回もよい勉強になりました。

「脈状診」ということになるとハードルが高いということもあり、経絡治療を行なっていない先生方や経験の浅い先生にも理解しやすいよう段階的に脈診についての解説がありました。とはいえ、やはり時間が足りないように思いました。段階を踏んで継続的に講演をしていただいた方がいいかもしれません。

さて、講演の内容ですが、「経絡治療とは何か?」ということから始まりました。脈診法は診察法のひとつであって、その診察でもって何を把握したいのかということが大事になります。

経絡治療では身体に現れた症状は表面に出てきた現象と捕らえ、その原因の本質を「経絡の虚実状態」に落とし込んで、把握し、そのアンバランスを整え治癒に導いて行く治療法です。

ですから経絡治療を行なう上でまずはどの経絡に異常が出ているのかを把握する必要があります。それを行なうのが「六部定位脈診」と言われる脈診法ということになります。

更に身体の状態をもっと詳しく把握するための「祖脈診」により病位(病が体表にあるのか体内の奥にあるのかなど)や寒熱(寒による症状か熱による症状かなど)を把握します。

更に詳しく診るのが「脈状診」で、約30種類に細かく分類され、病理や病証と繋がってきます。

以上のことを踏まえ、いくつか具体的に説明をしていただきました。また実技デモにおいてもモデル患者の状態を説明していただいて、実際に治療を行なっていただきました。

脈診は鍼灸師の間でもハードルが高いと敬遠している方もいますが、段階を踏んできちんとトレーニングすれば身に付くものですから習得しておきたいものです。

脈診は問診とは違い、患者さんの主観が入らない診察法ですから身体の状態を知る上で大切な診察法ですが、指先の感覚による診察なので、きちんとトレーニングしないと術者の主観が入りますので、やはりきちんとしたところでトレーニングすることが大事だと思います。

下記に大上先生の著書をご紹介します。
よくわかる経絡治療 脈診ワークブック
図解 よくわかる経絡治療講義
よくわかる経絡治療 実践トレーニング

東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える
毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学