2018年08月28日

兵庫県鍼灸マッサージ師会主催夏期大学講座第3日目 その2 〜これからの災害対策について〜


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

前エントリーの続きです。
夏期大学講座第3日目の午後は神奈川衛生学園専門学校非常勤講師、東海医療学園専門学校非常勤講師、 (公社)全日本鍼灸マッサージ師会スポーツ事業委員長・災害対策副委員長、 朝日山治療室室長 他多数 の朝日山一男 先生をお招きして「これからの災害対策について」の演題で講演していただきました。

講演の前半は阪神淡路大震災以降、各地で発生している大災害に対して業団体の災害支援体制がどのように構築されてきたか、また現状がどのような体制になっているのかというお話と今後のビジョンについてお話をいただきました。

後半は南海トラフ大震災が発生したとの想定で、設定した地域から被災地支援へ向かうためのシュミレーションをグループワーク形式で行いました。

災害が発生した際の災害支援、ボランティア活動には様々な形があると思いますが、阪神淡路大震災が発生した頃は災害支援体制が構築されておらず大混乱したことは記憶されている方もいらっしゃると思いますし、2年前の熊本地震の際にも支援体制の構築が不十分だった部分があったことは記憶に新しいと思います。

災害医療体制については国際医療技術財団(JIMTEF)においてDMATを中心とする、多職種連携の講習が行なわれ、鍼灸マッサージ業団体も講習に参加することで医師、看護師等と連携して活動ができるようになってきたとのことでした。

また、鍼灸マッサージ業界においては業団体が複数存在しており、日本鍼灸師会、全日本鍼灸マッサージ師会など大きな業団体が連携して活動できるように体制が整ってきたとのことでした。

災害で被災された方は精神的にも肉体的にも経済的にも大きなダメージを受け、本当にお気の毒に思いますし、多くの支援を必要とします。
支援は必要に応じて行なわれるのが原則だと思いますし、そういう意味も踏まえて、指揮命令系統がきちんと確立された体制が整えられてきていることはよいことだと思います。

また、最近では災害はどこで発生しても何ら不思議ではありませんから、いつ、誰が被災するか分かりません。支援体制が整っているということはどこで災害が発生しても拠点になるところがあれば対応ができるということも大きな意義だと思います。
私は視力の関係もありますので、出来ることには限りがありますが、出来る範囲では何か役に立てればと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

兵庫県鍼灸マッサージ師会主催夏期大学講座第3日目〜スポーツ内科を活かしたパフォーマンス向上〜


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

8月26日(日)は兵庫県鍼灸マッサージ師会主催夏期大学講座第3日目でした。
午前は東朋病院・大久保病院 スポーツ内科の田中祐貴 先生をお迎えして「スポーツ内科を活かしたパフォーマンス向上」との演題の講演でした。

スポーツ内科というとあまり聞きなれない分野ですが、トップアスリートになればなるほどサポート体制が充実してきており、。その一分野という位置付けとなります。
スポーツ医学というと、以前では主に整形外科領域が中心にサポートがされてきましたが、現在では内科、栄養学、婦人科、薬学(アンチドーピング)、メンタル、眼科、歯科など多くの専門家が包括的にサポートをするようになっています。もちろんその中には我々鍼灸師やあん摩・マッサージ・指圧師も入ってきます。

スポーツをされている方にはトップアスリートから学校での部活動や健康増進などを目的とした一般市民まで様々な方がいらっしゃいますが、皆さんが必ずしも万全の状態で高いパフォーマンスが上げられている訳ではないというのが実情です。

その中で、スポーツ内科で代表的なスポーツ貧血について今回の講演では詳しくお話いただきました。
スポーツ内科では「トレーニング」「食事(栄養)」「休養(睡眠)」「メンタル」の4要素が大切とされていて、それぞれのバランスが重要でバランスの崩れが不調に繋がると考えるそうです。

競技をされている方はパフォーマンスの低下があると上記のトレーニングが足りないと更に激しいトレーニングをしてしまう傾向が強いそうですが、実は栄養や休養が不足しているケースも少なくなく、そのようなバランスの崩れを整えていくアドバイスや治療がスポーツ内科の重要な役割でもあるということになります。

トップアスリートであれば包括的な支援体制が整っているかもしれませんが、市民レベルではなかなかそのような環境にはないと思います。

そこで一役立てるのが我々鍼灸師です。様々な不調を訴えて来院される患者さんの中にはスポーツを行なっている方も多くいらっしゃいます。

その患者さんの不調はスポーツに起因するものかもしれませんから、外科的にも内科的にもスポーツ医学の知識を持っておくことは重要なことです。

鍼灸で対応できる部分はしっかり対応して、スポーツ内科などでの治療が必要であればそちらにバトンを繋げるといったことができるようにしておきたいものです。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2018年07月25日

夏期大学講座 第1日目〜腸内フローラについての最新医療


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

7月22日(日)は兵庫県鍼灸マッサージ師会主催の夏期大学講座 第1日目でした。
午前は神戸大学医学部附属病院 循環器内科 准教授 山下 智也 医師による「腸内フローラについての最新医療〜腸内細菌と生活習慣病〜」との演題の講演でした。

ここ数年の間に腸内環境・腸内フローラについての研究は目覚しいものがあり様々なことが分かってきました。腸内細菌の多くは培養困難菌で、糞便からでは解析ができなかったのですが、近年の遺伝子解析技術により腸内細菌の種類や分布割合が解析できるようになったということでした。

例えば、 2型糖尿病と腸内細菌との関連を調査した研究では、非糖尿病者に比較してクロストリジウム(Clostridium)属やAkkermansia (A.) muciniphilaという菌が減少するという報告が多く、日本人の糖尿病患者の解析でも、Clostridium coccoidesが有意に少ないと報告されています。Clostridium属菌は、短鎖脂肪酸の一つである酪酸の産生に関わり、免疫や代謝を介して宿主に影響を及ぼすことが示されています。

他にも様々な疾病の関係性が報告されていますが、まだまだ研究途上の分野であり、医療現場にフィードバックできるほどの成果は得られていないようです。

もっと研究が進んで、日常的に摂取するもののバランスや摂取量を調整することで腸内フローラのバランス調整ができれば医薬品になるべく頼らずに健康体が維持できる日が来るかもしれません。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療