2012年01月14日

もともとあるものはやはりあった方がいいんじゃ?

本年も2週間が過ぎました。ぼちぼち年末年始の暴飲暴食や外出疲れが出てきているという方は多いんじゃないでしょうか?

休み明けでお仕事が多忙だったり、生活リズムがなかなか元に戻らなくてなんとなく不調を自覚していたりなんてこともあると思います。

そういう時は無理は厳禁で身体をきちんと整えることが先々の生活を楽にすることに繋がったりします。冷え込みも厳しくなってきていますので、是非、身体のメンテを!

話は変わって、ここのところ患者さんと話をしているとというか問診も兼ねている訳ですが…

胆石があるとか、胆石があって、胆嚢を摘出したという話を立て続けに聞きました。

胆嚢を摘出した方は特に自覚症状はなかったらしいのですが、年齢も考慮してかどうか分かりませんが、胆嚢を摘出ということになったようです。

その時にドクターからは胆嚢は摘出しても特に問題ないからというようなことでオペをしたとおっしゃっていました。

違う方は健康診断で胆石が発見されて、詳しい検査をして場合によっては摘出も…ということだったようです。

他にも胆嚢を摘出した方がいらっしゃいますが、自覚症状がなくても摘出することがあるというのはどうなんでしょう?

自覚症状がなくても検査の結果、異常があるというなら仕方ないのかもしれませんが、日常生活に問題がないのなら経過観察でもいいんじゃないかと思ったりします。

で、胆嚢摘出を行った方はどうも軟便傾向にあるように思います。胆嚢は胆汁を分泌しているので、その分泌する大元が無い訳ですから、少なくとも何らかの影響があっても不思議ではないのです。

確かに大きな影響ではないかもしれませんが、もともとあったものが無くなるということは以前の状態とは違う訳で、腫瘍などのようにもともと無かったものを除去するというのならまだ分かりますが、オペにはやはり慎重に慎重を重ねることが絶対的に必要なんじゃないかと思います。

そういう私も12月に右肋骨弓下などに違和感があって、検査したところ胆石が発見されてしまいました。どうやらそれが悪さをしているような感じ…ただ今、鍼灸にて治療実験中です。(^^ゞ
経過をそのうちに報告できればと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話

2011年11月26日

化学式は一緒やけど…

いろんな物が工業生産されているのは知っていますが、大丈夫なんかいな?と思うことも…

食塩も流通しているのはほとんどが工業生産されたもので、化学式は自然のものと同じでもなんか違うような気がします。工業生産できるようになって、安価で生産でき、大量生産も可能とはなっているとはいえ、違和感はぬぐえません。

 石油を原料にして、インフルエンザ治療薬リレンザを化学合成することに、微生物化学研究所(東京都品川区)の柴崎正勝所長らのチームが世界で初めて成功した。

ということなんですが、原料が石油というのも、なんだかなぁって感じがします。

石油は燃料というイメージが強いですし、身体に入るととてもじゃないけど良さそうには思えませんしね。

石油からはいろんなものが生産されていますが、プラスティック製品などはそんなに違和感がないですが、やはり口に入るものとなると…そんなことを言っていると現代社会では生活できないと言われるかもしれませんが、できれば自然にあるものは自然な形で取り入れたいと思った今日この頃です。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話

2011年10月30日

安心して暮らせる社会は遠いのか?

モニター付きのインターフォンも今は珍しくないのですが、パナソニックが女性向けにドアの外を監視できるモニターを発売するそうです。

現在、モニターが設置されていないところでも後から簡単に取り付けられるようですすし、無線でデータを送信できるようで、配線も不要だとか…

このような商品が発売されるということは需要があるということでしょうし、ドアを開けるのにも安心して気軽にはできないということの現われなんでしょう。

別の記事では「 ズボンのポケットに携帯電話を入れ、こたつに入っていたら携帯電話が発熱してやけどをした」として製造物責任法(PL法)に基づいて損害賠償を携帯電話メーカーに求めた上告審で、最高裁はメーカー側の上告を退ける決定をした。というのがありました。

なんともすっきりしない判決のような気がします。詳細は分からないのですが、電子部品を多様している携帯電話をポケットに入れたままコタツで何時間も過ごすこと自体、私には考えにくいのですが…

このような使用をしていてもメーカーが賠償しないといけないというのはちょっと変じゃないかと思ったりします。

モニターの需要などは自己防衛しないといけないような、そういう危機感が社会に蔓延しているからとも言えますが、携帯電話の発熱で火傷した件は自己責任の範囲なんじゃないかと…

安心して安全に暮らせる社会を作るには自己防衛も必要でしょうけども、そういうことはなるべく少なくて済んだ方がいいでしょうし、自己責任を取るべきところはきちんと取る、そして、どこまでが自己の責任なのかということを考える必要があると思います。
そうしないとぐちゃぐちゃになって訳が分からなくなってしまいます。

責任を他人に押し付けてばかりでもいけませんし、自己が負い過ぎるのも違うと思います。要はバランスでしょうね。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話