2013年12月30日

医療格差はすでに大きくなっている?

今年も残すところあと一日となりました。年々、早く感じるのは年を重ねたせいなのかどうかは分かりませんが、ほんと「早い」と感じます。

やり残しがないようにと思っても、あと一日ですからできることには限りがありますが、来年にむけて、せめて頭の中は整理しようと思います。

ところで、話は変わりますが、興味深い記事を見つけました。

NEWSポストセブン|肝臓移植の患者 待機1番になるため米病院に1億5000万円払う

↑の記事が本当の内容かは私には判断しかねますが、実際にあっても不思議ではない気がします。

本来、このようなことはあってはいけないと思うのですが、実際のところ、医療を受ける優先順位を決めることはは難しいと思います。

重症度の高い人、回復の可能性の高い人…急を要する人を優先的に治療するというのは理解できるところではあるのですが、同じような条件の症状の人が複数いたとして、今すぐ治療を受けられる人が一人の場合、何を基準に優先順位を決めればいいのかと言われると…難しいですね。

医療の優先順位が上記記事のようにお金次第で変わってしまうようなことはあって欲しくないですし、医療を受ける権利はすべての人に平等であって欲しいところです。

病気は誰も望んでなる人はいないと思いますが、もしも病気が運命ならば逆らうことはできないものかもしれません。時に運命を受け入れることも必要でしょうし、臨まない運命ならば、そうならないように日々の生活を戒め、病気からなるべく遠い生活を送れるよう心身を整えておきたいものです。



鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。お時間のある方は是非!

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
タグ:医療格差
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話
この記事へのコメント
その内に、日本でも類似のコトがありそうですね。

「命は平等」なハズですが、現実は違う方に向かって行こうとしていますから‥‥

良いお年を。
Posted by koyuri at 2013年12月31日 19:55
koyuriさん。時の権力者は不老不死を求めて研究させていたなんて言いますが、今も昔も変わらないのかもしれませんね。命をお金で買うようなことにはなって欲しくないですね。
Posted by 鍼医K at 2014年01月02日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83503430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック