2013年12月10日

アロマテラピーでメタボ予防というのはいいんだけど…

現代医学(西洋医学)、東洋医学は互いに得手不得手があり、いいとこ取りができれば一番いいのではと常々思っています。

その他にも民間療法レベルでも有益なものも多くあると思っていますし、安全性などが確保された上で、治療に取り入れることができれば有益なことではないかと思っています。

MSN産経ニュースに【STOP! メタボリックシンドローム】オイルマッサージでメタボ改善 マカダミアナッツで効果実証という記事がありました。

簡単に要約すると「マカダミアナッツに含まれる パルミトレイン酸にインスリンの作用不全を改善する働きがあり、さらに経口摂取するには大量に摂取する必要があるが、オイルマッサージで皮膚から吸収する場合には量も少なく済み、継続しやすい。アロマテラピーがメタボリックシンドロームの改善のための統合医療の一分野として期待されている」というものです。

国内ではアロマテラピーには公的な資格はなく、民間団体が複数あり、それぞれ認定する資格があります。

アロマテラピーにも長い歴史があり、様々な効能効果が期待できるとはいえ、医療分野に活用しようとするのであれば、やはり基礎医学は必須だと思いますし、公的な資格制度にでもしなければ知識、技術格差が悪影響になるかもしれません。

公的資格制度を整備するには時間もかかるでしょうし、そもそもオイルなどを使用した施術は本来の意味での”マッサージ”ですから、現在すでに公的資格制度が整備されている「あん摩・マッサージ・指圧師」の資格をベースにしてもいいんじゃないかと思います。

現在のアロマテラピー行為は国内では「医療行為ではない」というのが前提ですから、今後、統合医療の一環として組み込むことを考えるのであれば、グレーゾーンではちょっと問題ありかなと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。お時間のある方は是非!

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82309551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック