2013年09月06日

触れてはいけない領域

鍼灸治療は不妊治療にも効果が期待できる治療法ですが、「産み分け」はできません。というか、性別決定に何らかの作用を及ぼすツボなどがあるのかもしれませんが、私は知りません。

もし、何らかの作用で性別決定に作用するとしても、それは確定的なものではなく、「確立が上がる」という程度のものだと思います。

ところが、哺乳類の性別は「X」と「Y」という二つの性染色体の組み合わせによって決まるが、これら以外の染色体にも、性別の決定に欠かせない遺伝子があることを確認したと、京都大や理化学研究所などの研究チームが発表したという記事によれば、性染色体以外の遺伝子も関係していることが明らかになったということは、場合によっては、その遺伝子への働きかけ次第で、「産み分け」が可能になってしまうかもしれません。

倫理的な問題もありますし、大きなリスクを負うことになると思うのですが、技術的に可能なら「産み分け」をしたいと考える人は必ずいると思いますし、そういうことが一般に広がったりすると、不自然な偏りとなって、生物としての存続すら危うくなるのではと思います。

技術の進歩はメリットもありますが、触れてはならない領域も存在するはずで、科学者はそういう点も考慮する必要があるのだと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!

ブログランキングに参加しています。お時間のある方は是非!

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思ったこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74239075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック