2013年06月06日

最悪の想定をしてこそ、リスク回避が可能ではないかと!

日々、いろんなことが起こっている中で、生活していく上で、想定し得るリスクを考慮して行動することは当たり前のように思うのですが、そうは考えない人達もいるようです。

まだ個人レベルの規模の小さい事柄なら影響範囲は小さくて済むかもしれませんが、それが国家や大企業レベルとなると、その影響は多大ですし、リスクヘッジをどう行なうかということは重要だと思います。

国内で唯一運転中の関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)が、7月に施行する原発の新規制基準を満たしているかどうかを確認する会合において、 関電は同原発の敷地外にある三つの活断層が同時に動いた場合の揺れの計算結果を示したが、予想される最も大きな揺れが計算できていないとして、規制委は関電に再計算を求めたそうです。

活断層についての見解が分かれるということはあったとしても、想定し得る最悪の事態を考えないというのは、あまりにお粗末で、安全性を根拠に原発の運転継続をするのであれば、最悪の想定をした結果も考慮してこそ、理解も求められるというものではないかと思うのですが…

また、福島第一原発事故の発生当時に18歳以下だった子ども約17万4千人分の甲状腺検査の結果、甲状腺癌と診断された人が累計で12人、疑いが16人となったが、県は「被曝による影響の可能性はほとんどない」と説明しているという話も同様に最悪の想定をしていないだけではないかと思います。

がんは約1万5千人に1人、疑い例も含めると6千人に1人の頻度で見つかっているが、これまで100万人に2、3人とされていた子どもの甲状腺癌の発生頻度より高い数値となっているのは「制度の高い検査を網羅的に行なっている」からと述べているというのは理由になっていないように思います。

要は原因や理由の説明が出来ない、分からないということなのでしょうけども、そうであれば、なおさら最悪の想定をするべきで、その想定を元に動かなくては、知らずのうちに被害を受ける人が増えてしまうと思います。

どこに視点を置くかで、同じデータを見ても思考や行動は変わってしまいます。ただ、将来を見た時に、まだ判断能力が備わっていない子ども達の代わりに判断をするのは大人です。自身以外の人々の影響も考えるならば、やはり最悪の想定でリスクヘッジしないといけないんじゃないかと思います。



鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68954274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック