2013年05月26日

子午治療1

昨日はブログを更新しようと思っていたら、力尽きてしまいました。(^^ゞ
以前より体力が低下しているんでしょうか?

さて、それはともかく、鍼灸の治療の方法のひとつに「子午治療」というのがあります。

ご存知の方もいるかもしれませんが、鍼灸の歴史は古く、基本的な考え方は古代中国思想(哲学)であり、自然の摂理がさまざまなところに応用されていて、当然ながら、医療においてもその考えが反映されたものがあります。

そのひとつが「子午治療」ということになります。

「子午」は何かというと、「子・丑・虎・・・・」つまりは十二支の中に出てくる「子」と「丑」です。

昔はこの十二支を使用して方位や時刻や年月日を表していました。

「子午治療」では主に時刻との関係を治療に応用したもので、それぞれの時刻に対応した経絡があり、正常であればその時間帯に応じた経絡が旺盛になるという訳です。

何か病があれば、本来は旺盛にならなければならない経絡が旺盛にならないことで、症状を発症している場合があり、その時に、対応する経絡経穴に治療を施すことで症状を治すというような使い方をしたり、特定の経絡に集中して症状が現れている場合に、それと子午の関係に当たる経絡を治療して症状を治すといったような使い方をするものです。

まぁ、そのような治療方法なのですが、次回、もう少し詳しく書きます。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
タグ:子午治療
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68411323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック