2013年04月03日

時の政策に振り回されている?

昨年も風疹が大流行しているので、特に妊婦さんと接する機会がある人で、予防接種を受けていない人は予防接種を受けた方がいいということを書きましたが、今年も大流行しているようです。

厚生労働省は4月2日、今年の風疹の患者数の累計が、先月24日現在で昨年1年間の合計を65人上回る2418人に上った、と発表したそうですが、この数字を見て多いと思うか少ないと思うかと言われれば多いと思います。

妊娠初期の妊婦が感染すると先天性風疹症候群を発症し、生まれて来た子どもの眼や心臓に生涯を引き起こす恐れがありますし、そうでない人でも高熱が出たりと身体には大きな負担となります。

妊婦さんと接点がない人は感染して免疫を獲得しておくのもいいですが、他に影響を及ぼす可能性がある方は予防接種をしておいた方がよいと思います。

しかし、昨年に引き続き、今年も風疹の感染が広がっているのはどうしてなんでしょうね?

予防接種を受けていない世代は20代から40代までと幅がありますし、昨年、今年と急激な感染拡大には他の原因もあるんじゃないのかと…

何か根拠があるのかと問われると、これというネタを持ち合わせてはいないのですが、なんとなく変な感じがします。

とにもかくにも、他の予防接種にも言えることですが、予防接種が義務となったり、努力目標となったり、ころころと変わる中で、もちろん安全性が確保できないような代物はすぐに止める必要がありますが、たまたま、時の政策で予防接種を受けていなかったために、他のところで影響が出るというのも気の毒な話だと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話
この記事へのコメント
風疹も、妊婦さんと関係なければそんなに心配しなくても大丈夫なんですが、電車とかで一緒になるコトもありますからね。

妊娠したら、免疫があるかどうかを調べるのが普通ですけど、今はお金が大変だからと定期健診しない人も居るという話も聞きますし。

幸い、今の長野では公費で健診出来るので、良かったという話も聞きますが、保険が適用されないと、一度に一万円近く出て行ったのですから、妊娠を躊躇する人達が増えたのも、当然かもしれませんね。
Posted by koyuri at 2013年04月04日 22:34
koyuriさん。予防接種絡みの問題はいろいろと奥が深いですね。不利益を蒙る人を0にはできないにしてもシワよせ的な状況は打開して欲しいですね。
Posted by 鍼医K at 2013年04月05日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64346895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック