2012年12月11日

過去のツケの影響

各地で選挙運動が盛んに行われていますが、メディアでよく取り上げられているのはネガティブキャンペーンのような内容が多いように思います。

批判をするのは簡単ですが、現状をどのように打開し、どのような未来を具体的に構築していくか建設的な話も聞きたいものです。

本日は東日本大震災から1年8ヶ月、未だに復興スピードは上がらず、被災地では厳しい冬を迎えようとしています。

被災地の選挙区から立候補している候補者は口を揃えて復興について語りますが、予算の流用問題があったように組織の仕組みを変えないことには思うようには進まないというのが現実だと思います。

先日、発生した笹子トンネル事故についても天下り構造や民営化したことによる悪影響も言われています。

また、高度成長期に建設されたトンネルや橋梁などの老朽化が自己原因との解説をよく聞きますが、建設された場所などにより状況に違いはありますが、実は老朽化が早い段階で起こる要因があるという指摘がされています。



この本の著者はすでに他界されていますが、高度成長期の昭和40年台に建設に使用されたコンクリートは骨材不足から塩分を多く含んだままの材料が仕様されていたり、コンクリートを水増しした「シャブコン」を使用した欠陥構造物が多くあり、2010年代前半に大きな問題が発生するだろうと指摘していたようです。

この「シャブコン」や骨材の問題は阪神・淡路大震災の時にもクローズアップされていましたし、関連するような大きな事故の再にはクローズアップされてきたように思いますが、結果的に対策を取られる前に事故が発生しています。

そこにはやはり組織の構造的な問題が影響しているように思いますし、そこを変えて行かなければ、過去のツケが国民生活を脅かすことになると思います。
また、同時に現在進行形でツケを将来に回すような制作は止めにしないと、手の付けられないような状況に陥ってしまうんじゃないかと危惧します。
そういうことも念頭において、選挙に行きたいと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
何が起きても、誰もチャンと責任を取らない社会では、弱い立場の人だけが、泣き寝入りをしてしまう残念なコトになってますね。
Posted by koyuri at 2012年12月11日 23:14
koyuriさん。全くおっしゃる通りですね。知らないうちに大きなリスクを背負わされている人々が多いんですよね。
Posted by 鍼医K at 2012年12月13日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60692818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック