2012年10月02日

カフェイン入り炭酸飲料と睡眠障害との関係

カフェインの含有量が多い飲料などを飲むと眠りにくくなるとか、眠気覚ましにカフェインの摂取をするなど、カフェインと睡眠には深い関係があります。カフェインと睡眠とは相関関係はないという話も聞いたこともありますが…

いずれにしても、カフェインと睡眠時無呼吸症候群との関係については研究されて来なかったらしいのですが、この度、米ジョンズホプキンス大学のR. Nisha Aurora氏らは、カフェイン入り炭酸飲料の摂取と睡眠呼吸障害との間に独立した関係が見られると、米医学誌
「Chest」に発表したそうです。


この研究発表によると、カフェインを含んでいるものとして真っ先に脳裏に浮かぶコーヒーや紅茶では睡眠時無呼吸症候群との関係は認められなかったものの、カフェイン入り炭酸飲料では睡眠時の呼吸障害の重症度に関係が認められたそうです。

特に、女性では重症度が高い人ほどカフェイン入り炭酸飲料の摂取が多く、男性では重症の人のみ相関関係があったようです。

コーヒーや紅茶では影響が無かったことを考えると炭酸飲料が加わることで影響が出るということになりますが、男性ではその影響が少ないことや、調査対象者の体格なども分からないので、なんとも判断しにくいですが、ひとつ言えることは大量摂取になるとよろしくないということでしょうか。特に女性は気をつけた方が良いということですね。

この調査は米国での調査なので、摂取量がどのぐらいか、恒常的な摂取量は日本人より多いと思われますので、日本人にどの程度当てはまるかは不明です。
それに、カフェイン入り炭酸飲料は相対的に甘いですから、飲みすぎはペットボトル症候群のような状態にもならないとは限りませんしほどほどにしておくことがいいんじゃないでしょうか。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ご注意
この記事へのコメント
最近は、不眠に悩む人は多いですね。

カフェインよりは、寝る前のホットミルクの方が効果的です。
Posted by koyuri at 2012年10月02日 22:56
koyuriさん。現代人は睡眠中も緊張が解けないとか、原因になることが多いんでしょうね。ぐっすり眠れてすっきり起きれると日中もより充実した生活が送れるのでしょうけど、なかなか難しいようですね。
Posted by 鍼医K at 2012年10月02日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58691409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック