2012年09月11日

若い人にもある膝関節痛

「膝が痛い」というと加齢によるものやスポーツ障害を思い浮かべる方は多いと思います。

ところが、意外と若い、10代や20代の女性にも多いということが【女医エッセー しなやかに美しく】で紹介されていました。

ここで紹介されていたのは膝蓋軟骨軟化症というもので、膝蓋骨(膝のお皿)の内側の軟骨が栄養不足により変性し軟化してしまい、膝蓋骨の内側に傷みや違和感を感じる疾患です。

生まれもった骨核の影響で膝関節が不安定だったり、歩き方の問題で発症することが多く、特に女性はホルモンの関係でより症状に繋がり易いということのようです。

歩き方は重要で、歩き方の崩れは膝関節だけでなく、股関節や腰、足関節などいろんな部分に影響を及ぼすこともあります。

歩き方の崩れる理由にはサイズの合わない靴やヒールの高いデザインの靴の影響や、筋肉のバランスの崩れや弾力性の低下などがあります。

加えて、運動不足によりさらに状態が悪化していることもあります。

高齢者の場合は筋力低下により、その負荷に耐え切れなくて症状が出ている場合が多いですが、若い方は筋肉の弾力性の低下により関節に負荷がかかっているケースが多いです。

いずれにしても、鍼灸マッサージなどで筋肉の状態を整え、状態が安定してくれば筋力の強化と弾力性の向上が治療とともに予防となってきます。

急性期には消炎鎮痛剤の服用も必要ですが、それだけでは一時的に傷みの軽減にはなっても、根本的な部分は解消されていないこともありますし、予防にはなりませんから、「痛みが無くなったから、治療は終わり」とはせずに、筋肉の状態が良好に保てるように心がけて、積極的に整えるということと、予防をしていくということが大切です。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
さほどヒールが高いワケでは無くても、久々に結婚式でヒールのある靴を履いたら、とても疲れました。

ハイヒールの履き過ぎで、足の形が変形している若い女性は、多いですしね。
Posted by koyuri at 2012年09月11日 21:30
koyuriさん。それは大変でしたね。慣れない履物による負担は相当なものですから、お大事にして下さい。あとヒールを履く方は、それなりの歩き方が出来ていればまだマシですが、そうでないと関節への負担によって、変形してしまうこともありますね。注意したいものですね。
Posted by 鍼K at 2012年09月12日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58170693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック