2012年07月26日

選択肢がもう少し多ければ…

本日の休診日を利用して携帯電話の機種を変更してきました。

長年、D社の携帯電話を使用していて、視力が無くなってからも、D社の携帯電話を使用し続けていました。というか、私が視力に障害を負った当時は、全盲者が使える携帯電話、つまり音声ガイダンスがついている携帯電話はD社からしかリリースされておらず、必然的にD社を使用することになりました。

特に現在の私の携帯電話の使い方ならD社のものでも不都合はないのですが、かなり傷んできたこともありますし、同一キャリアなら家族割引とか、通話やメールが無料になるということもあって、思い切って、キャリアを変更しました。

A社にもいわゆる高齢者向けの「簡単携帯」があって、こちらの機種には音声ガイダンスが搭載されているものがあります。

スマホにするという手もあって、IPhoneならボイスオーバーという機能で最低限の通話やメールなら使用できますし、アンドロイド携帯ならまだまだ不具合はあるようですが、日本語音声化エンジンを導入できるようです。

私の場合は外出時に転送電話を受けるというのがもっぱらの使い方なので、携帯電話の機能はあまり求めていないので、費用も安価でランニングコストも安価な従来型の携帯電話にしました。

本来なら、障害があっても無くても、どの携帯電話でも使用できればいいのですが、あれだけ機種の種類があっても、私が使える機種は、まだ音声ガイダンスが不十分なスマホを入れても数種類です。

選択肢が少ないというのは、それだけ大事に使うという場合もありますが、機能はやはり限られることが圧倒的に多いですし、いい意味の競争が起き難いというようなこともあります。

闇雲に競争しても、必ずしもユーザーにメリットがあるとは限りませんが、ある程度は競争し切磋琢磨する中で、ユーザーにもメリットがあり、提供する側にもメリットが発生するのだと思います。

現状の電力会社を見れば選択肢がユーザーに無いという状況の危うさを実感します。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ



posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害
この記事へのコメント
携帯電話も日本はあまりに特化し過ぎていて、「ガラパゴス的」になっているという話もありますが、機能を複雑化させるだけでナク、もっと色々な条件をクリアさせるコトに対して、独自色を出して欲しいですね。
Posted by koyuri at 2012年07月27日 22:28
koyuriさん。携帯電話もスマホが主流となってくるようですが、従来型の携帯電話ももっと特化した機能を向上させた機種があってもいいと思います。スマホのように基本ソフト意外はアプリでカスタマイズというのもいいんですが、そうなるとマイノリティーは置き去りになりがちですし、操作の苦手な人や、悪意のあるアプリなどの被害もありますしね。
シンプルな必要最低限の機能だけでいい人も多いと思うのですが、そういう方にはスマホは過剰な性脳だと思いますしね。
Posted by 鍼医K at 2012年07月27日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57261536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック