2012年07月10日

民主主義はどこへ?

7月22日(日)に【初心者のための経絡治療講座】を開催します。ご興味のある方はこちらをご覧下さい。



以前、「KY」という言葉をよく耳にしましたが、言葉は使われなくなっても、そういう状態に該当する人は相変わらずいます。

野田佳彦首相は10日の参院予算委員会で、首相官邸前での原発再稼働反対の抗議行動を「大きな音だね」と語ったことについて、覚えていないという認識を示したそうで、今の政治をみていると民主主義はいったいどこへ行ってしまったのかと思います。

あれほどの抗議行動が行われているのに、原発再稼動に対しても再考する考えはないと答弁していますし、消費税増税には強硬な姿勢を崩していません。

民意は時に誤った方向へ突き進んでしまうこともありますから、政治はそれらを見極める必要がありますが、だからといって強行な態度を取ってよいということではないと思います。

大阪の橋下市長が「決められる政治を行っている」、と現政権を絶賛したというようなニュースも流れていますが、さまざまな意見を十分に議論した上で、将来的なビジョンをきちんと掲げ、さらに国民の利益となるような選択をするというのであれば評価もできるでしょうけども、決してそういったプロセスをきちんと踏んでいるようには思えませんし、一部の人にしか利益をもたらさないような決定ならしない方がマシなんじゃないかと思います。

国民の声に耳を傾けられないような政治家は選挙で選ばれた代議士とは言えないでしょう。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ



posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
あるコト無いコト言い出して、平気で人格攻撃する人々に、橋下さんは屈し始めているのでしょうね。

独裁を目指す人というのは、他者からの攻撃に弱いですから。
Posted by koyuri at 2012年07月10日 22:17
koyuriさん。権力闘争は相当なものがあるんでしょうね。国民のための政治はやはり既存の政治家では難しいのかもしれませんね。まともな方もいるとは思うのですが、超少数派なんでしょうね。
Posted by 鍼医K at 2012年07月10日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56979572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック