2012年06月25日

中学生の7割に睡眠障害!?

7月22日(日)に【初心者のための経絡治療講座】を開催します。ご興味のある方はこちらをご覧下さい。



大人になると保育園や幼稚園であったお昼寝タイムがうらやましく思うこともあります。幼少期の頃は眠くもないのに、お昼寝をしないといけないというのは苦痛だったという人もいるとは思いますが、他の国では昼休みに仮眠を取る習慣があるなんてことも!

お昼休みに仮眠を取ることで脳がリフレッシュし、効率があがるということもあって、お昼寝タイムを設けている高校もあるらしいですから、大人になっても30分以内の仮眠をするような習慣ができてもいいように思います。

で、そんな睡眠ですが、大人の人で眠れないとか途中で眼が覚めるとか寝た気がしないなどなど睡眠障害と思われる症状を訴える方は多いですが、 歯ぎしり、いびきや目覚めた時の機嫌の悪さなど睡眠に関する何らかの問題を抱える子どもは、中学生で約7割にのぼること(ヨミドクター)が厚生労働省研究班の調査で明らかになったそうです。

特に22時以降に就寝した、中学生では9割以上に症状があったということで、夜更かしすることで、睡眠リズムが崩れていることが要因のひとつになっているようです。

小中学生の頃はまだ身体も成長段階ですし、身体の成長という意味でも睡眠は重要ですし、自我の目覚めや第二次成長があったり精神的にも大きく変化を伴う時期ですから、十分な睡眠で身体や精神、脳の休息が必要です。

現代は夜遅くでもいろんなTV番組が放送されていますし、ゲームやPCなど誘惑も多いです。ラジオの深夜放送もありますしね。

夜更かしする事もちょっと大人びた感じがあって、ちょっと大人になった感覚にひたるなんてこともあるのかもしれませんが、たまの夜更かしはさほど影響はないでしょうけども、その頻度が上がれば身体にも影響が出てきますからなるべく睡眠リズムを崩さない生活をしたいものです。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!

ブログランキングに参加しています。応援クリック よろしくお願い致します。

FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ



タグ:睡眠障害
posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ご注意
この記事へのコメント
夜から、朝までグッと一寝入りというのは、体力が必要だと痛感しているのですが、子供達までとは、先々が心配ですね。

昔と違って、楽しいコトが増えてしまったのも一因かもしれませんが、やはり夜は寝た方が良いですね。

特に、子供達は成長ホルモンがでる時間帯ですから。
Posted by koyuri at 2012年06月25日 22:57
koyuriさん。中学生ぐらいまではやはりよく寝た方がいいと思いますね。楽しいことはたくさん深夜にもあるとは思いますが、身体は望んでないと思いますしね。
Posted by 鍼医K at 2012年06月26日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56701747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック