2012年06月10日

リスクを考える上で、論点がズレると全然違ってしまう

大飯原発3、4号機の再稼動問題で野田首相は「国民生活を考えた場合に再稼動は必要」という考えを表明しましたが、それに反対する声はかなり大きいと感じます。

このまま行けば、政府は近いうちに再稼動を決定するものと思われますが、果たしてそれでいいのか?いわゆる原発村と言われる市町村や関西電力にとっては再稼動は必要不可欠なものかもしれませんが、再稼動に納得できる国民ばかりではないと思います。

こちらの記事でも指摘されていますが、政府が原発再稼動の条件として当初は「安全性」を述べていましたが、それでは再稼動できないと判断したのか次は「電力需給」の問題へ、さらに「発電コスト」の問題へと条件が摩り替わっていったことは報道もされていますので、ご存知の方は多いと思います。

結局は再稼動ありきで進んできた結果、別の対策が取れたかもしれないのに、それを行ってこなかったということだと思います。

また、原発再稼動のリスクは高くない - 誇りはどこにあるという記事では、原発を再稼動させるリスクは再稼動しないリスクと大差なく、別のリスクが上昇すると言っているのですが、単純なリスクを考えるとそうかもしれませんが、原発が稼動してしまえば事故発生時のリスクはやはり大きいでしょうし、なし崩し的に他の原発稼動に結びついていくことも懸念材料です。

上の記事では自動車事故などを例に出して、リスクの大きさはその事故が起こった時の被害や影響にその事故などの発生確率を乗じたものだから、自動車事故より飛行機事故の方がリスクが小さいと言っています。事故による影響と事故に会う確立を日常的に判断してリスク管理をしていることを考えると、原発事故の発生確率は極めて低く、リスクの大きさという意味では、リスクが大きいとは言えないのだとも言っています。

確かにそのような論点でリスクを考えれば原発のリスクは大きくないといえるかもしれませんが、ひとつ抜けていると思うこととして、多くの国民には原発の稼動してしまえば、使用しないという選択肢がないことと、使用しないことができたとしても事故が発生してしまえばその影響から逃れることが困難であるということです。

例に挙げられている、自動車や飛行機事故、ケガのリスクは自身の意志で回避することが可能ですし、事故の被害や影響が小さい事柄はコントロールができる可能性も高いということになると思います。

飛行機に搭乗する再に、事故リスクは極めて小さいということは事故率を見ても分かりますが、万が一のことを私は想定します。大げさに言えば、命を落とすかもしれないということを覚悟して搭乗します。

原発を使用し続けるということは、国民にそういう覚悟を強制していると言っても大袈裟ではないと思います。

今夏の電力需給については他の対策が間に合わないかもしれないことを考えると限定的に原発稼動も仕方ないことかもしれませんが、政府が言うような今後も必要ということではないと思います。

電力も大口の使用者というのは分かるはずですから、電力需給が逼迫する期間や時間帯に外部発電するというのはできないものなのでしょうかね?

海外製品で、コンテナ移動できる2000キロワットの発電能力のある発電機があるそうで、しかもその発電機は10基まで連結できるそうなのですが、そのような発電機を緊急に用意するとかできないものなのでしょうかね?

その気になれば、まだまだ対策はできるように思いますし、事故に会う確立が低いから大丈夫というようなことで結論づけてはいけないと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!


タグ:リスク 原発
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話
この記事へのコメント
原発の事故が怖いのは、自動車事故や飛行機事故と違い、当事者以外のより多くの人々も巻き込まれてしまうダケでナク、その問題が継続的に何年、何十年と解消されないコトにあります。

止めるコトが出来ないのが、単なる金銭的な問題であるのならば、安全を買うという意識がこれからは大事になって行くと思います。
Posted by koyuri at 2012年06月10日 22:09
koyuriさん。根本的に制御できない放射性物質を使う原発は、他のところで多少負担が増えても止めるべきだと思いますね。使用済み燃料の問題もありますし、代替手段を構築と俳炉、使用済み燃料処理に注力すべきと考えます。
Posted by 鍼医K at 2012年06月10日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56369428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック