2012年04月27日

医薬品のリスクを考えると…

小沢氏の裁判と政局報道がメディアをにぎわしていて、影が薄くなっている重要な事柄は結構たくさんあるようです。


そのひとつがこれ↓なんじゃないかと。

市販薬のネット販売を原則禁止するのは課題規制だとしてネット販売業者が販売の権利などの確認を求めた裁判で、一審の判決を破棄し控訴審で逆転の判決が出たということなんですが、どうも腑に落ちません。

そもそもは改正薬事法に不備があるということになると思うのですが、国民の健康被害を考えた場合に、一審の判決の方がもっともな気がします。

省令で権利を制限することがどうも問題のようなのですが、この裁判の争点がよろしくないんじゃないかとさえ思います。

医薬品は適正に使用すれば薬になりますが、ひとつ違えば毒になる訳ですし、すくなくとも副作用が強い医薬品などは対面販売が必要なんじゃないかと思います。

市販薬の場合、使用する人が購入に来るとは限りませんし、薬局で対面販売にしたからと言ってリスクが減少するとは言えませんが、少なくともネット販売よりはリスクが低くなるんじゃないかと思います。

今回、訴えを起こしている業者の販売サイトにも行ってみましたが、確かに購入個数が制限されていたり、注意事項を必ず読むようなページ構成にはなっていましたが、結局のところは購入は自己責任ということになっています。

ネット販売が可能になることで、外出しなくても購入できるというメリットもありますから、助かる方はいると思います。

しかし、そこには事故責任という言葉が付きまといますし、疑問に思ったことなどは購入者がアクションを起こさないと回答を得ることはできません。
規制が緩和されることでのメリットとデメリットを踏まえ、現状のインターネットという流通手段の特性も考慮して大本の法律を迅速に改める必要があるんじゃないかと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 腑に落ちない話
この記事へのコメント
薬のネット販売は、もう少しチャンと煮詰めた方が良いと思います。

本当に必要としている人には手に届き、転売狙いの人を排除するタメにも、保険証を確認して、その住所にしか届けないという実名主義の枷を嵌めるなど、ある一定の規範の元で、行うべきではないでしょうか。
Posted by koyuri at 2012年04月28日 21:57
koyuriさん。なかなか難しい問題だとは思うんですが…転売や過剰摂取を防止しようと思えば、ある程度ハードルを上げる必要があるでしょうけども、ハードルが上がれば本当に必要な人にとっては煩雑なステップとなるでしょうし…もう少し知恵を絞った方がよさそうですね。
Posted by 鍼医K at 2012年04月28日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55546470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック