2012年04月17日

体内の水分バランス

今日の午後、スコールほどではないにしても結構な通り雨のようなにわか雨がありました。春も天候が急に変わることがあるので、びっくりすることも…

まぁ、そんなこともあって、1週間ほど前の記事になりますが、、金沢在住の小川恵子医師の「漢方で健康生活」(YOMI Dr.)が参考になると思います。

取り上げられている内容は天候の変化による頭痛に対処するための漢方薬なのですが、頭痛だけでなく、体内の水分のアンバランスによって種々の症状が出てくることがあります。

頭重感や倦怠感(身体の重だるさ)なども出てくることがあります。

梅雨の時期までは比較的に爽快に生活できると思いますが、湿気の多い日本では水分のバランスを崩してしまうと梅雨時期から夏にかけては相当にしんどくなりますから、今のうちから水分摂取や排泄にちょっと気を付けておきたいところです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 予防と養生
この記事へのコメント
漢方も、処方によって当たり外れが大きいですから、医師の方々には本気で勉強して欲しいですね。

西洋薬と類似の感覚で出す方も多いですし‥‥
Posted by koyuri at 2012年04月19日 22:56
koyuriさん。9割近い医師が漢方薬を処方するらしいですが、漢方薬を専門的に勉強した医師はごく少数でしょうから、ちょっと怖いですけどね…
Posted by 鍼医K at 2012年04月22日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55348283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック