2012年03月25日

衣服の火災にご注意

3月下旬というのになかなか暖かくなってこない今日この頃。神戸周辺でも暖房器具は手放せないところです。

暖房というと、一番気を付けないといけないのはやはり火災でしょう。

この冬は節電ということもあり、従来の石油ストーブを購入して使用していた方も多いと思いますが、エアコンと違って、高温の熱源がそこにあるので火災には要注意です。

それから、火災というのは家財に引火するだけでなく、衣服に引火することもあります。ガスコンロの使用中に袖口から引火するというのは意外と多いようです。

衣服に引火することを着衣着火 - Wikipediaと言うようです。

万が一、衣服に引火した場合の対処法が記載されていましたので、こちらでもご紹介します。

衣服にどの程度炎が広がっているかなどによっても変わりますが、まず、

「衣服が脱げる状況ならすぐに脱ぐ」
「近くに水道、花瓶など水があれば、水をかぶる」
「周囲に水気のものが無い場合、地面などに押し付けて消化する」(窒息消火法)

その後、119番に通報というのが対処法となっています。

衣服を脱ぐ場合は着ている衣服の素材によっては皮膚に張りついてしまっていることもあるので、無理に脱ごうとせずに、皮膚まで火が到達していそうなほど熱感を感じていれば、水をかぶったり押し付けて消火することを選択した方が良いと思います。無理に衣服を脱ごうとして皮膚を傷つけてしまうこともあるからです。

エアコンの使用で空気が乾燥して静電気を発生させやすいということもあるので、意外なところで着火することもあり得ますので、注意しておきたいものです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!


タグ:着衣着火
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ご注意
この記事へのコメント
今日は我が家の周辺でも、消防車が何段も行く音が聞こえてました。

乾燥しているので、お互いに気を付けたいですね。
Posted by koyuri at 2012年03月25日 22:25
koyuriさん。湿気も大変ですが、乾燥も結構負担になりますし、身体だけじゃなく火災にも気を付けたいですね。
Posted by 鍼医K at 2012年03月25日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54627261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック