2012年02月19日

生命の神秘?

一昨日の金曜日は定例学会で昨日、本日と和み堂は多忙でした。

今週は連休でしたので、明けの土曜日は院内が冷えに冷え込んでいて、全然、室温があがらない。それもそのはずで、外は雪がちらほら…またしてもの寒波到来で、院内環境を整えるのに苦労しました。

そんな訳で、寒さというのは対策が大変です。もっと寒い地域に比べれば全然大変じゃないのかもしれませんが…

寒さは身体に負担も大きいですが、時に命を救ってくれることもあるようです。スウェーデン北部ウメオ近郊の林道で雪に埋もれた車中に約2か月間閉じこめられていた男性が救出された。

詳しいことは分かりませんが、救出された男性は衰弱しているが回復に向かっているようで、2ヶ月の間、雪しか口にしていないそうです。体温が31度程度と低体温になることで冬眠状態となり、エネルギー消費を最小限にできたことで一命を取りとめたのではということのようです。

生命の神秘というか、奇跡と言った方がいいのか…まだまだ不思議なことはたくさんあるものだと感心しました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:冬眠
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 関心した事
この記事へのコメント
ガラスというのは、内部の熱を外へ放出しやすいので、今年はガラスに貼るシートで放熱を軽減したら、暖房効率が上がりました。

タダ、そういう商品を都会では手に入れられない可能性もありますけどね。
Posted by koyuri at 2012年02月20日 22:46
koyuriさん。エアコンなどの効率を上げるグッズはたくさんありますね。ただ、うちの場合は構造上、現状より改善させる術がないんですよね。厳しい寒さもあと少しですから、なんとかしのぎます。
Posted by 鍼医K at 2012年02月20日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54061999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック