2012年01月28日

PCを使う現代人の8割以上が肩こりを自覚しているとか!

もうすぐ立春ですが、厳しい寒さはもうしばらく続きそうです。

大雪に見舞われている地域の方は雪下ろしも大変ですし、ケガなどにも注意しないといけませんし、ここのところインフルエンザも猛威を振るっていますから、疲労などで抵抗力を低下させないように養生が大切です。くれぐれも無理のないようにしていただきたいと思います。

さて、寒くなると身体の筋肉がこわばって、しかも厚着となり、衣服の重量が増え、さらに厚手になってますから可動範囲も限定され、肉体にかかる負担は相当なものです。

とある調査によるとPCを使う現代人の8割が肩こりを自覚していると、そして対策に入浴は効果的という記事が出ていました。
上にも書いたように寒い時期は特に冷えることで症状を悪化させてしまうこともありますから、身体を温めることは解消法のひとつではあると思います。

ただ、それは症状を和らげる事には効果的かもしれませんが、根本的な解決とまでは言えないと思います。

半身浴などで自律神経のバランスを整えたりすることは予防としてもお勧めできますが、PCを多様する現代人はまずその置かれた環境に工夫をすることが大事です。

仕事中はなかなか思うように休憩できなかったりするとは思いますが、眼を酷使することでも肩こりは出てきますし、長時間の同一姿勢によって筋肉がガチガチになったり、姿勢そのものが悪くて身体に大きな負荷をかけている場合が多いです。

職場ではデスクやチェアーの位置も身体になかなか合わせられないかもしれませんが、座った時も腰のカーブが保たれるように腰をしっかり要れ、猫背にならないように気を付けていただいて、背筋をなるべく延ばして胸を張るように、つまり肩が前に入らないような姿勢で作業ができる位置までチェアーの位置を移動してみてください。

そうすることで、首、背中、肩周囲の筋肉に必要以上に負荷をかけるということを防止できます。

また、眼の疲労は首、背中にモロに出ます。休憩時間に眼の焦点の位置を近いところや遠いところに合わせるようにして眼の中の筋肉をしっかりと伸縮させてあげることで眼内の血流を促進させて疲労除去を促進させてあげると良いです。

自宅ではしっかり入浴してしっかり休息を取り、疲労をできるだけ翌日まで引きずらないようにしたいものです。ただし、入浴も長く入れば必ずしも良いとは限りません。肩こりもあまりにもきついと長湯するとのぼせたりしますので、注意してください。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:PC 肩こり
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 予防と養生
この記事へのコメント
パソコンは、依存症になりがちなので、気を付けないと疲れるけど、止められないというコトになりますから、ある程度時間を決めて利用した方が良いかもしれませんね。
Posted by koyuri at 2012年01月28日 22:10
koyuriさん。ゲームなんかと同じですね。PCから離れる時間が確保できる方はそうした方がいいですね。
Posted by 鍼医K at 2012年01月29日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53343290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック