2012年01月07日

10年後、脳卒中や心臓病を発症する確立は?

本日の和み堂は満員御礼状態でした。年末年始の生活リズムの変化や食生活の変化もあったりで身体のバランスを崩してしまった方が多かったように思います。

節目節目は大事なんですが、行司などがあると、いつものリズムから逸脱してしまうこともありますから、それが負担となることもありますので、やはり要注意ということですね。

節目はもちろん大事ということなのですが、日常生活も同じぐらい大事ということになります。

asahi.comに掲載されていたのですが、大阪府立健康科学センターが10年後脳卒中や心臓病になる確率を予想する計算式を開発しweb上に公開したということで、年齢や身長、体重などいくつかの項目を入力することで、未来の発症リスクを計算してくれるらしいです。

HDLコレステロール値やLDLコレステロール値、中性脂肪の値などが必要なので、検診結果がないと計算できませんが…

そのサイトは http://www.kenkoukagaku.net/yosoku/ です。対象年齢に該当する方は試してみると良いかもしれません。ひとつの目安にはなると思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53002229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック