2011年12月22日

2011年最後の献血

本日、和み堂は休診日でした。

午後から恒例となっている献血へ行ってきました。今回は他の予定などが重なって献血可能日はもう少し前に来ていたのですが、本日の献血となりました。

ここのところ兵庫県内では血液ストックが少なくなっているとかで献血の呼びかけなどもあったようですが、平日の午後ということもあってか献血ルームは比較的に空いていました。

まぁ、私的には空いている方がいいんですが…
クリスマスキャンペーンということでミニドーナツを頂いたり、この寒い中、アイスクリームも置いてありました。さすがにアイスクリームは遠慮しました。
話は変わりますが、今朝、TVで東日本大震災の復興で陸前高田市の醤油の製造会社の話をやっていました。この会社は都内の主婦が中心となって出資金を募ったファンドを利用して、製造工場を再建できる見通しとなったことが紹介されていました。この会社の社長はこれ以上、被害を拡大させないためにも雇用を確保しなければとの思いで従業員を解雇せずにやってこられたそうで、とても関心させられました。

このように復興をがんばっておられる会社も多くあると思うのですが、国からの支援というのはとても遅く、おそらく上で書いたようなファンドがなければ会社は存続していなかったのではないかと思います。

支援というのは適宜、必要なところに迅速に分配されなければ、手遅れになってしまうのです。

献血ルームも、震災直後はチェーンメールが流れていた影響もありますが、献血希望者が長蛇の列を作っていたことを思い出しました。

その時々に即行動することも大切なことですが、継続して行われることがもっと大切です。遠方の土地にいると直接的な情報はあまり入って来ないので、段々と記憶から薄れて行きます。しかし、復興には時間がかかります。

献血ひとつとってもそうですが、継続して多くの方が行えるともっとよい結果になるんじゃないかと思いました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 和み堂
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52255106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック