2011年11月17日

能動的に情報を得る必要

本日は和み堂は休診日でした。明日は定例学会に出席しますので、休診です。

さて、「茶のしずく石鹸」に含まれていた小麦由来の成分によってアレルギー症状が出ている問題なんですが、消費者庁が厚労省からの報告を見過ごし、注意喚起が遅れたということのようです。

縦割り行政の弊害とも言えますが、報告の仕方や情報の共有方法にも問題があるのではと思います。

安全性についてはどの程度のリスクが予想されるのか、影響の範囲はどうかなどによって、報告書の重要度などが簡便に分かれば、報告を見過ごして注意喚起が遅れるなんてことはかなり予防できると思います。

昨今は、アレルギー症状を発症する人はとても多いですし、被害が拡大しないように迅速に正確な情報提供が求められるでしょう。

消費者側も少しでも違和感があるとか、何かを感じたら自身で調べる癖をつけておくようにしたいものです。

情報を精査する必要はありますが、行政からの情報は遅れることもあり得る訳で、あまりに過敏になるといけませんが、正確な情報をなるべく多く得ることは必要なんだと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ご注意
この記事へのコメント
アレルギーというのは、とても大変なコトになりやすいので、自重して暮らさないとダメですね。

様々なアレルギーがある身としては、あまりに無防備な方もいらっしゃる感じで、驚きです。
Posted by koyuri at 2011年11月18日 22:40
koyuriさん。自身で調べるということが大事なんだと思います。一般的な情報が当てはまらない人も多くなってきているように思いますしね…
Posted by 鍼医K at 2011年11月19日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50584149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック