2011年10月23日

女性の心筋梗塞は男性より発覚が遅い

言われて見ればそうかもと思ったのがこちら↓

 心筋梗塞になった患者のうち、女性は男性よりも、専門病院までの到着時間が2時間近く遅いことが分かったそうです。

理由としてはホルモンバランスなどによって女性では典型的な症状の胸痛が現れにくいことで危険な状態と判断されるまでに時間がかかっていることや心筋梗塞は「男性の病気」という誤解をしている方がいることなどがあるようです。
確かに言われて見れば心筋梗塞は男性に多い病気ですし、胸痛という典型的な症状が出ていなければ見過ごす可能性はあると思いました。

時に統計データは判断を誤らせる原因にもなるということで、注意しておく必要があると再認識した次第です。

何事も先入観が邪魔をすることもありますので、常にフレッシュな状態で物事の判断を行うように心がけたいと思った今日この頃です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:心筋梗塞
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考のヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49229437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック