2011年10月22日

理解はできるけど、大丈夫?

高齢化社会の影響はこんなところにもあるのだと思わされたのが、交通事故を起こした人の自動車保険料が、2013年4月をめどに値上げされることになったというもの。

今でも事故を起こして保険の支払いを受けた場合などは3等級ダウンとなるので、保険料の割引率が下がって、保険料は上がりますが、その割引率が低くなるようです。

自動車の任意保険は外資系の参入もあって、昔に比べればかなり安くなっていると思いますが、保険契約内容が細分化されて、複雑で分かりにくいというのが現状ではないかと思います。

個々の自動車の使用頻度により対応していると言えば、そうかもしれませんが、契約内容が分かりにくく、ご自身の保険契約内容をきちんと理解できていない人も少なからずいるのではないかと思います。

昨今は高齢者の事故が多く、さらに若い世代の車離れもあって、保険会社の経営は厳しくなっているのでしょうけども、自動車保険は掛け捨てですから支払いが増加しているからと言って保険料を値上げするというのはちょっと…大丈夫なの?と思います。

外資系の参入などによって契約内容が細分化したことも収益を減少させたのかもしれませんが、少子高齢化が進んでいることは以前から分かっていたことですし、業界として見通しが甘かったのか、それともいずれ値上げすることが前提だったのでしょうか。

世界的に経済は低迷していますし、国内では大きな災害があったことで支払いが増大していることを考えると、いずれ保険料を上げる方向へと向かうのは仕方のないことかもしれませんが、保険料金がどんどん上昇していくと、そのうちに保険に加入しなくなる人が増えるなんてこともないとは言えませんし、そうなると万が一、被害者になった時のことを考えると恐ろしいです。

便利のよい街中で公共交通機関が発達しているところは自動車以外の選択肢も多いですが、田舎で移動がもっぱら自動車という地域で、高齢者などから自動車を取り上げる訳にもいきませんし、自動車無しでもあまり困らないような街づくりと個々が自身の身体能力を過信しないように教育することが必要ではないでしょうか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:自動車保険
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
こうしたコトが進むと、一日千円の保険みたいなのに、皆が入る可能性もあり、マスマス業界全体のパイが縮小する可能性もあります。

何でも、横並びという時代が終わったのかもしれませんね。
Posted by koyuri at 2011年10月23日 21:41
koyuriさん。まだ保険加入していればいいですけど、入らないという選択肢を選ぶ人がいたりすると怖いですし、保険会社の支払いが悪くなったりしても困りますね。
Posted by 鍼医K at 2011年10月24日 10:53
既に、支払いは前より悪くなっている様に聞いてます。
Posted by koyuri at 2011年10月24日 21:51
koyuriさん。やはり、そうですか。外資系は前から事故調査が長く、支払いまで時間がかかるということも聞いたりしてました。他の保険会社でも支払いを渋るということが起こっているんですね。
Posted by 鍼医K at 2011年10月24日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49211824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック