2011年10月11日

国の対応の悪さの影響か!

秋は各地でいろいろとイベントがありますが、そこでも物議を呼ぶようなことがあったようです。

大分県議が絶叫大会で「セシウムで汚染されたわらを食べた牛の被害が広がっている。由布院の牛肉は汚染のわらを食べていないので安全だ」と絶叫。一呼吸置き、「セシウム牛は要りません」と声を張り上げた。」そうですが、かなり問題があるとは思いますが、正直な気持ちなんだろうとも思えました。

立場ある人が発言するような内容ではもちろん無いと思いますし、内心ではそう思っていたとしてもそれが公の場でしてよい発言かどうかが分からないようでは困りますし、人の気持ちが分からないのだなと寂しくも思います。

この県議の人格も疑われるところではあるんですが、このような発言や風評は国が早急に的確な判断と指示をしない点にも起因していると思います。

現在も年間被曝量についてゴチャゴチャしているんですが、事が起こってから基準値を変更したりするのはどうも腑に落ちませんし、結果的に後手後手になっている対応が風評をさらに大きくしていると思います。

放射性物質による被曝量については、癌にかかるリスクが上昇するとは言っても喫煙や運動不足によるリスクの方が高いから過剰反応し過ぎだというような発言をしている人がいますが、これについても論点のすり替えのような感があって納得は出来かねます。

喫煙や運動不足などは自制が効きますが、放射能被曝は色も形も匂いも分からないですし、空気中に飛散している場合などは個人でどうにかできる代物ではありません。

なので、不安や恐怖をさらに煽りますし、心配する人が大勢いて当たり前だと思います。自然被曝もありますし、その他にも身体に悪影響を及ぼすものはたくさんあるでしょうけども、放射能被害を受けている現地の方々の心情や身体を気遣い最善の策を講じる努力は必要だと思います。

国は保身のために情報を小出しにせずに、衝撃が大きかろうが事実をもっとオープンにし、その事実に対し、きちんと向き合わなければ、この国の将来は無いと思います。




今週末は!アースデイ神戸2011 IN AUTUMN
日時:10月16日(日)11:00〜17:00
場所:ホームズスタジアム神戸前広場
交通アクセス
アースデイ神戸について

こちらは地元神戸のイベントです。5月のアースデイ神戸はまさかの台風の影響で二日目の出店は中止となりましたので、今回は是非お天気に恵まれますようにと願っております。

過ごしやすい秋の季節です。皆様のお越しをお待ちしております。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 物申す
この記事へのコメント
原発事故は、単なる天災ではナク、人災が大部分だと思いますが、全て天災扱いになってしまって、しわ寄せは東電ではナク、ドンドン国民が負わされている様に感じます。
Posted by koyuri at 2011年10月11日 23:01
koyuriさん。福島原発の処理と周辺対策が一番で本丸のはずなんですが、巧妙に関心をそらされている気がして仕方ありませんね。
Posted by 鍼医K at 2011年10月12日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48433604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック