2011年09月29日

処分が甘いのか厳しいのか?

明日はお天気が崩れるようです。秋雨前線に低気圧が重なると南から暖かい風が入り込むので、若干気温が上がるようですし、低気圧が通過する時は激しい雨となることもあるらしいので、ご注意下さい。

という私も午前中は鍼灸マッサージ師会主催の夏期大学第4日目に出席する予定なので、お天気が気になるところです。

体調面も注意が必要ですけど、雨に降られると移動したりすること事態が私にとっては行いにくくなりますので…

話は変わりますが 厚生労働省が医道審議会の答申を受け、有罪が確定するなどした医師32人、歯科医師19人の計51人に対する行政処分を発表しました。

免許取消は2名ということなのですが、果たしてこれを多いとみるか少ないとみるか?

私的には少ないような気がしました。それと気になったのが業務停止となっている人に覚醒剤取締法違反など薬物に関係する有罪判決を受けた人が多いなということです。

常習性の低いものならまだましなのかもしれませんが、覚醒剤となるとなかなか断ち切るのは難しいんじゃないかと思いますし、業務停止だけで済ませて大丈夫なんだろうかと心配になります。

身体を預けるのですから、安心できることは必須だと思うんですけどね…

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:行政処分
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
これでも、昔より厳しいという感覚しかナイのではないかと思います。

甘々の世界ですから。
Posted by koyuri at 2011年09月30日 22:05
koyuriさん。免許などで権限を持った人には保身に走るよりも律することが必要ではないかと思いますね。
Posted by 鍼医K at 2011年10月01日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48246716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック