2011年09月05日

盲導犬協会の募金箱がやってきた!

私は視覚障害があるとはいえ、盲導犬の貸与は受けていないのですが、ちょっとご縁があり、治療院に盲導犬協会の募金箱を設置することになりました。

知人が、この度の東日本大震災で多くの視覚障害者も被災していることもあり、同じ視覚障害を持った者として、いや視覚障害の有無は別にしても何かできないかと考えた結果、ご自身の若かりし頃、まだ視力障害も無かった頃に世界を放浪して旅した回想録を自費出版し、その本を贈呈しつつ、募金を呼びかけるということを始めました。

で、その窓口が盲導犬協会という訳です。で、うちにも協力依頼があり、募金箱設置とあいなったという訳です。

盲導犬協会の募金箱 前側の画像盲導犬協会の募金箱 後ろ側の画像



写真の募金箱は社会福祉法人 兵庫盲導犬協会の募金箱ですが、期間を定めて財団法人 日本盲導犬協会を通し、東日本大震災の支援として募金されるとのことです。

定めた期間の後は兵庫盲導犬協会の募金となるようです。

私も将来的には盲導犬のお世話になるかもしれませんし、現時点でも盲導犬の貸与を待っている方が結構いらっしゃるのですが、盲導犬の育成が追いついていないということもあるようですから、少しでも協力できればと思います。

話は変わるんですが、同じ盲導犬協会という団体名が付いているんですが、組織としては全く別組織なんだそうです。知りませんでした。(^^ゞ

感覚的には兵庫県盲導犬協会の上位団体として日本盲導犬協会があるのかと思ってましたが、そうではないようです。
盲導犬を必要とする方は全国にいらっしゃいますし、人口密度も地域で全然違うことなどを考えると全国組織として一括運営した方がメリットがあるようにも思うのですが…

兵庫盲導犬協会とはいえ、兵庫県内の方が対象ということではなくて、例えば北海道在住の人が兵庫盲導犬協会で育成した盲導犬の貸与を受けることも可能なんだそうですが、そういうことって組織体制などをよくご存知でないと分からないことだと思いますし、私のように勘違いしている方も少なくないと思いますから、啓蒙活動の方法を少し検討した方がいいのかもしれません。

何にしても被災地や盲導犬育成のために少しでも役に立てればいいなと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


タグ:盲導犬 募金
posted by 鍼医Kまたはハリー at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害
この記事へのコメント
子供の頃、盲導犬の話の本を頂いたコトがあります。

とても、感動的本だったので、今でもストーリーは覚えてます。

題名は忘れてしまいましたけれど、訓練するのがとても大変なんですよね。
Posted by koyuri at 2011年09月05日 23:03
koyuriさん。解除犬もそうらしいのですが、適正検査をパスできる犬もわずかで、さらに訓練をしていくことになるのですが、費用も随分かかるようです。
Posted by 鍼医K at 2011年09月06日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47755563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック