2011年08月31日

現役 鍼灸師Kの「思うところを述べよ!?」vol.207 情報をどう活用するべきか?


前回の発行から随分と時間が経ちましたが、その間に東日本大震災が発生し、地震や津波被害に加え、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質による汚染の影響が現在も続いています。

被災された方々にはお見舞いと一日も早い復興をお祈りするばかりです。、

それで、以前からも指摘はされていたことなのですが、情報の取り扱いについて、その情報の発表時期や信憑性などについて少し議論が巻き起こった感があったのですが、現在はなんとなく、問題の本質が議論されずに過去の出来事かのように時間が経過しつつあるのではと思います。

先頃、福島原発付近で以前のように居住することは極めて難しいということが政府から発表されました。文部科学省からもモニタリング情報が発表されていますが、震災直後から迅速に対応していれば被害がもっと少なく出来たのではないかとか、「人体には影響のないレベル」と発表されていたことが実はそうではないということはネット上で指摘している方もいました。

情報は現状を把握するとともに、その後の行動に影響を与えます。なので、的確に必要な情報を精査していくことが必要となってくるのですが、マスコミから流れてくる情報を受動しているだけでは今回の原発関連の情報のように後手後手になってしまい、被害を蒙る可能性があります。

情報は的確にキャッチできるようにアンテナを張っておくとともに能動的に取得していくことも必要でしょう。とはいえ、特にネット上の情報には流言飛語もありますから、情報の信憑性について見分ける能力を養っておく必要があります。

そして、一番大切なのは情報をもとにご自身でよくよく考えることです。あらゆる情報の価値は人それぞれ違うことも少なからずありますから、情報は自身の思考や行動を行う上での一要素に過ぎないのですから。

ここまで情報をどう取り扱うかについて一般的なお話でしたが、一応、医療系のメルマガなので、そちらにも触れておきたいと思います。(^^ゞ

以前ほどの過剰な反応は無くなっているのかもしれませんが、健康番組である食材が○○の予防になるとか治療効果があると放送されると翌日、スーパーからその食材が消えるなんてことがありました。

これもひとつの情報を元に大勢の方が取った行動がそのような形として現れているということなのですが、果たしてその食材がご自身の身体に本当に必要なものだったのかということはあまり検討されていない場合がとても多いです。
身体は個々それぞれ同じではないですから、当然に個人差があります。体質も違いますし、場合によっては何か持病があるかもしれません。

なので、同じ物質がすべての人に同様の効果を示すとは限りませんし、その時点で身体が必要としているか、あるいは必要としていないかを検討することが重要となってきます。

患者さんにもどのようなものを摂取すればいいかとか、どのぐらい摂取すればいいのかというような質問をよくされます。

私の現時点での診察した情報を元にアドバイスは行いますが、そのアドバイスもひとつの情報に過ぎません。絶対的なものではないですし、その情報も検討するためのひとつの要素に入れていただいてよくよく検討することが大切です。
他には病院でのいろんな検査についても同様のことが言えます。血液検査や尿検さ、X線検査やMRIとかいろんな検査がありますが、その検査結果もひとつの情報です。よほど典型的な検査結果であれば複数のドクターに診察を受けても同様の診断となるでしょうけども、そうでない場合は診断が違ってくるということもあります。

セカンドオピニオンを得るということも専門家の意見、つまりは専門家から得られる情報をひとつ増やしているということで、それぞれの意見、情報をもとに最終的な決定をしていくのはご自身なのです。

ということで、さまざまな情報が氾濫していますが、それらを精査し、よくよく考えるという習慣を身に付けていただければと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちら!
神戸やきがし なごみ堂はこちら!


posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
かなり危険な場所に、今でも住んでらっしゃる方が居ると思うと、本当にお気の毒です。

将来、健康に悪影響が出ないとイイのですけどね。
Posted by koyuri at 2011年08月31日 22:36
koyuriさん。放射線の影響も目で見て分かれば対応もしやすいのでしょうけど、見た目には以前と変わらないとなると住民の皆さんの心情は複雑だと思います。とはいえ、健康を害してしまうかもしれない訳で、的確な情報に基づいて対処していただきたいと思います。
Posted by 鍼医K at 2011年08月31日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47658890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック