2011年01月25日

点字ブロックが国際規格統一へ!

視力に障害を負って初めて、その価値に気づいた点字ブロック。歩行訓練を受けていた時から点字ブロックがあるところと無いところで「こんなに差があるのか!」と感じたり、場所によってというか地域によってもですが材質や形が統一されていないことに「なんで規格が統一されないのか?」と疑問を抱いていました。
そんな点字ブロックですが、点字ブロックの国際規格を日本の素案を基にした案で国際標準化機構(ISO)専門委員会で最終案が審議され、早ければ年内にも結論がでる見通しということのようです。

世界初の点字ブロックは44年前の1967年に岡山で敷設され、その後いろいろ研究も行われ、2001年にはJIS規格で規定されるようになったそうですが、色などは規定されていなかったようですし、世界を見渡すと形も様々のようです。

以前からISOでも国際規格を統一する動きがあったようですが、各国が自国の案を主張するなど話が頓挫してしまっていたようですが、この度は各国が歩み寄る姿勢を見せているようで、年内にまとまりそうな状況のようです。

80年代には国内では景観に配慮して同系色の点字ブロックも多く敷設されたようですが、これでは色弱の方には返って危険を伴うこともあったようです。

神戸市では神戸市仕様というのでしょうか、点字ブロックの突起部が堅いゴムのような材質のものがあったり、突起の大きさも違っていたものもありました。

現在、敷設されている点字ブロックを敷きなおすには時間も費用もかかりますが、先日あった事故のようにホームから転落して亡くなってしまうような残念な事故を防止するためにも安全を第一優先に考えていただければと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 視覚障害
この記事へのコメント
点字ブロックは、濡れていたりすると、滑りやすい感じがする場合もあります。

なので、もし目が御不自由な方達だったら、もっと大変なのではと思う場合もあるので、改定するのであれば、より滑らない安全な材質のブロックを敷設して欲しいですね。
Posted by koyuri at 2011年01月25日 23:28
koyuriさん。点字ブロックの国際規格がいろんなところに配慮されることを願いますね。とにかく安全第一となるようにしていただきたいですね。
Posted by 鍼医K at 2011年01月26日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42910839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック