2010年12月03日

黄砂は今後もっと大きな問題となるかもしれない

黄砂の飛来があった日は花粉症などのアレルギー疾患がひどくなったり、アレルギーのない方でも鼻が詰まるとか、鼻汁が出るとか、くしゃみやせきなどの症状が出ることがあります。

黄砂自体がかなり小さな粒子でそれを吸引してしまうことで、身体が免疫反応を起こすことは容易に想像できるところです。

さらに、金沢大の研究グループの調査によると黄砂が飛来している日はカビや細菌の空気中の含有量が黄砂が飛来していない日に比べ5倍も多かったといいますから、単に黄砂自体だけでなく、多くの細菌やカビが影響しているということになります。

今年は例年になく11月にも黄砂の飛来が確認されていますし、今後はもっと大量に黄砂が飛来する可能性もあります。

黄砂は主に東アジア内陸部から大気に乗って飛来すると考えられていますが、砂漠化が進行していることや、気象状況の変化が大きな影響となっているのだと思います。

そのようなことを考えると、地球環境は生態系にまで大きな影響を与える状態になっていて、人類というか生物に大きな試練なのかもしれません。

とはいえ、多くの生物にとっては地球環境をこんなに変化させたのは人類のせいであって、迷惑な話かもしれません。

地球環境なども影響してもっと大きな変化が降りかかってくるかもしれませんが、だまってじっとしていても何も解決していかない訳で、いろんな影響が身体に出ているなら、それに対応していかなくてはいけません。

そうやって、対応していくことを継続すれば人類も進化していくことでしょう。そして、身体が進化していく過程ではいろんな症状に薬物で対処するより身体が免疫や抵抗力などを獲得していくことが必要ではないかと思います。

もちろん、身体が対応できるまでは薬物などをうまく利用して対処することも大事なことのひとつでしょう。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ふと思ったこと
この記事へのコメント
現在の主治医の先生は黄砂アレルギーだそうです。

こちらも、雨や雪の時の方が、呼吸はしやすいですね。

ちなみに、アンダーラインの部分の「カビや最近」は「カビや細菌」だと思います。度々の指摘申し訳ありません。
Posted by koyuri at 2010年12月04日 22:02
koyuriさん。黄砂は厄介ですね。最近、黄砂の話題を患者さんとすることも増えた気がします。誤字の指摘ありがとうございました。助かります。
Posted by 鍼医K at 2010年12月04日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41957727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック