2010年11月25日

日本でも重症の肥満症に外科手術が増加するかも!?

海外では高度の肥満症で外科的に胃を縛って小さくするなどの治療が行なわれていることはTVなどの情報でご存知の方は多いと思いますが、今後は日本でも糖尿病や脂質異常などの疾患で高度な肥満症の方には外科的な手術が行なわれる数が増えてくるかもしれません。
日本肥満症治療学会が重症肥満の方の体重を減らすための外科手術の基本指針を示した声明を発表したということで、今後はまだまだ欧米ほど重症の肥満症患者が多い訳ではないですが、外科手術を用いた治療件数が増加しそうな感じです。

外科手術は内科的な治療を行なっても効果が認められなかった場合などに限定されるようですが、できれば外科手術を受けないで済むようにしたいものです。

重度の肥満症になる方はある疾患を患ったことでなることもあるとはおもいますが、間違ったダイエットによってリバウンドを繰り返した結果だったり、精神的なダメージなどで過食が止められなかったりなど重症となるまでのプロセスに何らかの回避方法を見出すことも可能なはずだと思います。

なので、外科手術は最終的な対応で、重症化しても何とかなるとは間違っても思わないようにしないといけないと思います。

多くの疾患に共通して言えることで、特に生活習慣病などはなおさらですが、重症化する前のまだまだ大丈夫と思っている時にこそ、きちんと自分自身と向き合って、治療を行なうことが大切なんだとおもいます。まぁ、それは困難を極めることなのかもしれませんが、5年先、10年先の自身のビジョンを持つことや、将来についてきちんと考える時間を持つことで、生活習慣などを改善していくことは可能ではないかと思います。

もちろん、一人でするということは難しいかもしれませんが、我々、治療家や場合によってはカウンセラーやコーチなどをうまく活用するといいんじゃないかと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
posted by 鍼医Kまたはハリー at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
BMI35以上は、日本では本当に少数ですから、肥満の方の大半は手術よりも生活改善というコトになるんだと思います。
Posted by koyuri at 2010年11月26日 22:15
koyuriさん。BMI指数も重要でしょうけど、私は体脂肪率とかほかの値ももっと考慮すべきだと思っています。肥満予防にはやはり生活習慣の改善なしではうまくいかないでしょうし、手術とかしても習慣が変わらなければ再発することも十分ありますからね。
Posted by 鍼医K at 2010年11月27日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41843171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック