2010年10月25日

現役鍼灸師Kの「思うところを述べよ!?」 vol.203 寒くなると「おしっこ」の量が増える理由と対策


明日、発行予定のメルマガをひと足お先にお届けします。



随分と朝晩の気温が下がって、寒さを感じるようになってきました。暦の上では霜降(そうこう)の時期にあたりますから寒くなるのは当たり前と言えば当たり前なのですが、やはり寒いのは苦手という方も少なくないですね。

そして、寒くなると、夜にトイレに立つことが増えて困るというお話もよく効きます。
なので、今回は寒くなると日中でもトイレに行くことは増えるのですが、そのメカニズムのご紹介と対策法を提案したいと思います。

それでは、まず排尿の役割について少々、説明をします。

排尿の役割としては
1.体液量の調節
 身体内の水分量の調整です。

2.体内の浸透圧の調整
3.体液の酸塩基平衡の調節
 通常は賛成に傾いています。

4.不容物質の除去
 尿酸や尿素などは有害となるので、体外へ出した方がよいですし、有用なものであっても過剰になっているものは排泄されます。

というようなことを主に行なっています。

そして、その尿を作る臓器が腎臓ということになります。

では、次に腎臓ではどのようにして尿が作られているのかを説明します。細かく言うと難しくなってしまうので、簡便に説明します。

尿を作る部分は腎単位=ネフロンと言います。このネフロンはひとつの腎臓に百万個ぐらいあると言われています。

そして、ネフロンは糸球体+ボーマン嚢+尿細管で構成されています。

糸球体は毛細血管をグルグルっと丸めたような構造で腎臓に入ってきた血液から大きな細胞成分などをろ過します。ボーマン嚢は糸球体でこし取られた原尿を受け止め、尿細管へと送ります。尿細管では身体に必要なもの、ブドウ糖や水分、ナトリウムなどを再吸収しています。

ここまで通過した体液を尿と呼びます。さらに尿となった液体は
腎杯→腎盂→尿管→膀胱→尿道へと進み、体外へ排出されるということになります。

腎臓では身体に必要なものと不必要なものを分別して、必要なものは再度、体内へと吸収するということを上記のような流れで行なっていますが、その大元の液体はいろんな成分を含んだ血液として腎臓へ送り込まれるということになります。

腎臓には肝臓などと同様に重要な働きがありますから、一定量の血液が流れ込むようになっています。一分間に心臓が送り出す血液量の約25%が流れ込むことになっていて、両方の腎臓で1分間に1.25リットルの血液が流れる計算になります。

腎臓に流れ込む血液量は基本的に上記のようになるのですが、冬場などは寒さから身体を守るためや、体温を保持するために体表に近い部分には血液をあまり流さないようになったりするので、血圧が多少上昇することになります。

となると腎臓に流れ込む血液量も増量されて、尿の量も増加することがあります。これが寒くなると尿量が増加するひとつの原因になります。

それで、尿量が増加すると言っても、日中ならあまり問題はないのですが、夜、睡眠中にトイレに行きたくなって眼が覚めるということが増えてくると、睡眠の質にも影響しますので、身体に大きな負担になります。

通常、尿意は膀胱に300mlから400mlほど尿が溜まると催してくると言われていますが、最近はそれほど尿が溜まっていないのに尿意を催すという方も少なくありません。
膀胱は自律神経の交感神経の働きで尿を溜めるように働きます。そして尿意を感じたら排尿中枢(腰仙髄と脳幹の橋にある)に刺激が伝わり、排尿反射が起こり、今度は副交感神経が働いて、排尿筋が収縮、内尿道括約筋が弛緩して排尿が起こります。

なので、病気では脳疾患や脊髄損傷などでも排尿に影響が出たり、その他には女性では子宮筋腫などの婦人科疾患、男性では前立腺肥大などでも関係する神経を刺激してしまい、排尿に影響が出ることがあります。

その他に、排尿には自律神経の働きが関与しているので、ストレスなどによって自律神経のバランスを崩すことで排尿に影響が出ることもあります。

ここまで書いた原因は日中でも起こる影響ですが、特に睡眠中ということになると、

1、水分の過剰摂取
2.身体の冷え
3.抗利尿ホルモンの分泌不足

なども考えられます。就寝中も腎臓は働いているのですが、通常は睡眠中にトイレには行かないで済むようになっています。

就寝中は抗利尿ホルモンの分泌が増加し、尿の産生量を減らしていますし、膀胱も尿をたくさん溜められるように働いています。

とはいえ、水分摂取が過剰だったり、特に緑茶やアルコール、コーヒーなどは利尿作用が強いので、就寝前に飲んでいると尿量が増加してしまいます。

そして、身体の冷えですが、特に下半身、から腰回りが冷えると膀胱の副交感神経が優位になり、排尿を起こしやすくなります。これは上記の飲み物にも関連してきますが、冷たいものもそうですが、お茶やアルコールはその性質としても冷やすように働きますから影響が大きいと言えます。

次に抗利尿ホルモンの分泌低下ですが、他の病気の影響で起こる場合もありますし、脳下垂体付近で腫瘍ができることなどによってもホルモン分泌に影響があります。現代医学的にはさまざまな病気などの関連も疑われることになりますが、東洋医学では全体のバランスや診診の疲労などによってもホルモンバランスを崩してしまうとも考えることができます。

次に対策ですが、脳疾患や脊髄損傷、子宮筋腫などの婦人科疾患、前立腺肥大や抗利尿ホルモンに影響を与えるような疾患がある場合はそちらの治療を優先することが必要です。

特に特定の疾患が影響していない場合は、まずは水分摂取の仕方に気をつけてみて下さい。

就寝前の過剰の水分摂取は控える。アルコールなどは就寝前の2、3時間前にはやめておく。夕食も就寝前になると消化管に負担がかかりますし、不消化の食べ物が身体のバランスを崩す原因にもなりますので、就寝前は最低でも3時間程度前には夕食を済ますようにしましょう。

そして、冷えに対しては腹巻、ズボン下、靴下などをうまく利用します。それでも寒さを感じる季節では湯たんぽなども有効です。ただし、重ね履きする場合は締め付けすぎないものを選びます。靴下をはく場合はくるぶしあたりにゴムがくるものを選ぶと足首周囲のツボ刺激にもなりますので、さらに良いと言えます。

それから冷えの対策にもうひとつ加えるとすると入浴をしっかり行なうことです。寒くない程度のぬるめの温度のお湯でなるべくゆっくり身体を温めると後々冷えにくいですし、半身浴を上手にするとリラックス効果もありますから、診診の疲労除去にはお勧めです。

以上で、今回の内容は終わりです。特に夜間の排尿にお困りの方はちょっとためしてみてくださいね。日中にも頻尿がひどいんだということであれば自律神経のバランスを崩しているかもしれませんので、鍼灸、あんま・マッサージなども有効な手段ですので、おすすめしておきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
同じ文章が二度繰り返されているみたいですが‥‥

それはさておき、夜中の排尿は、睡眠の質に一番左右されますね。

おっしゃる通りに、身体を温めて寝るコトも大事ですし、寝る前に精神をリラックスしてぐっすり眠るコトも大事です。簡単に出来る方法としては、腹式呼吸などをしてから寝るのが有効かも。

正に心身一如ですから。
Posted by koyuri at 2010年10月26日 22:43
昨日はコメント投稿がエラーになってしまいましたが、今日は大丈夫でしょうか。

本文が一つのブログの中で、二重投稿になってますけど‥‥

長野は昨日、高い山では雪が降りました。

暖かくして、朝までぐっすり眠れると、夜は起きずに済みますが、寒くて夜トイレに起きると悲惨です。

湿度もある程度ある方が、寝やすいですね。
Posted by koyuri at 2010年10月27日 21:03
koyuriさん。本文が二重になってました。気がつきませんでした。編集がうまくいってなかったようです。夜間頻尿についてはちょっとしたことでも随分違うと思いますので、困っている方はちょっと気をつけてみるといいかもしれません。
Posted by 鍼医K at 2010年10月28日 08:41
koyuriさん。コメントはちゃんと届いていたようです。ソフトウェアがバージョンアップされましたので、まだ不安定な部分があるのかもしれませんね。コメントもメールで通知は来るんですけど、内容は管理画面にいかないと見れなくなってしまってちょっと不便だったりします。長野では雪が降ったところもあるんですね。西日本でも高い山では初雪を観測したとか。例年より早めのようですね。今年の冬は寒そうです。養生しないといけませんね。
Posted by 鍼医K at 2010年10月28日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41486059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック