2010年07月23日

現役 鍼灸師Kの「思うところを述べよ!?」vol.200 意外と多い痔疾患 その1

 先日も来院された患者さんが痔かもしれない
ということだったのですが、痔をお持ちの方は
意外と多いんです。鍼灸院に痔を主訴として来
院される方はあまり多くはないのですが、お話
を聞いていると、これが結構多いんですね。

恥ずかしさもあり、鍼灸の適応疾患に痔疾患が
あるなんてことをご存知の方は非常に少ないと
思いますが、痔は昔々からある病気ですから、
治療法はいろいろと考案されていたりします。


そんな訳で今回と次回に渡って痔について書き
たいと思います。
まず、今回は現代医学で痔疾患にはどのような
ものがあるかをご案内します。
痔と言えば、イボ痔や切れ痔という具合に言わ
れますが、医学的には痔の疾患の中でもイボ痔
は痔核といいますし、切れ痔は裂肛とか肛門裂
創とか痔列と言ったりします。

それから、もうひとつ厄介な痔疾患に痔瘻(じ
ろう)があります。

それでは、それぞれをもう少し掘り下げていき
ましょう。まずは痔核から。
痔核は医学辞書では「肛門管部粘膜下および皮
下に存在する上、中、下痔静脈叢に生じた静脈
瘤」ということになっています。

上静脈叢に出来た静脈瘤を内痔核、下静脈叢に
出来たものを外痔核、それらの中間に出来たも
のを中間痔核と言います。

内痔核は静脈や門脈系(門脈は肝臓へ繋がる静
脈)の血流が悪くなり、欝滞をきたす、妊娠や
慢性便秘、門脈圧亢進症や過度の飲酒や腹圧負
荷が原因とされています。

症状は出血が中心で便に血液が付着したり排便
後に出血したりします。出血はありますが、た
いていの場合は痛みはありません。

排便時に肛門の外に内痔核が飛び出すことがあ
り、これを脱肛といいます。脱肛したものが肛
門内に戻れず、肛門で挟まれた結果、炎症を起
こし、腫れて痛みを伴う状態のものを嵌頓痔核
といいます。

次に外痔核です。外痔核は皮下に出血して腫れ
る血栓性外痔核が最も多く、肛門周囲に暗紫色
のできものが出来、肛門に突発する痛みを自覚
することが多いです。

治療としては保存的治療では排便の調整、便を
柔らかくしたり、高度の腹圧をかけないように
します。あまり力まなくてもよいようにすると
いうことです。

その他には手術療法によって、出血を止めたり、
血栓が出来ていればその血栓を除去する手術が
行なわれます。

では、次に切れ痔、裂肛・肛門裂創・痔列です。

これは肛門に過度の伸展負荷がかかり、肛門管
上皮に裂創をきたしたものです。つまりは肛門
の皮膚が過度に引き伸ばされて避けてしまった
状態ということです。

裂肛は女性に多く、排便時や排便の後に痛みが
あり、出血を伴うことが多いです。

治療は便を柔らかくするなど便の正常化を行な
ったり、肛門管を確徴するような手術療法が行
なわれることもあります。

この裂肛が慢性化すると肛門疥瘍になることが
あり、その場合は手術によって疥瘍を除去する
ことも必要となります。

次は痔瘻についてです。
痔瘻は「直腸粘膜、肛門管、または肛門周囲皮
膚に瘻孔を有する疾患」ということで、肛門周
辺などに管状の孔ができる疾患です。

原因としては外傷、クローン病、潰瘍性大腸炎、
悪性腫瘍などのこともあるようですが、大部分
は直腸・肛門周囲膿瘍が潰れたり、切れて膿が
排出された後に発症するようです。

瘻孔の両端が開口しているものを完全痔瘻、一
旦が閉じているものを不完全痔瘻と区別します。
また、途中で瘻孔が枝分かれしているものを複
雑痔瘻、そうでないものを単純痔瘻と分けます。


さらに、瘻孔と肛門括約筋の関係からも分類は
ありますが、ここでは省略します。

典型的な痔瘻では肛門周囲膿瘍の既往を持つ場
合が多く、瘻孔の内側の開口部に細菌感染など
があり、肛門周囲の皮膚に開口した孔から持続
的または間歇的に分泌物や膿が排出され、場合
によっては膿が溜まって痛みを感じたり腫れた
り、発熱することもあります。

また、痔瘻は通常、自然治癒はなく、手術療法
が必要です。

ということで、今回は痔にまつわる現代医学的
なお話をさせていただきました。痔にもいろい
ろあって、症状や対処も変わりますが、基本的
には妊婦さんのように急激に物理的な体型変化
がなければ排便状態を正常に保つことでかなり
の予防になると思います。

次回は東洋医学では痔疾患にどのような治療を
行なっているかをご紹介します。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければポチッとお願いします。
FC2ブログランキングへ  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

posted by 鍼医Kまたはハリー at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
女性の場合は、妊娠をきっかけにという方も多いですしね。

腰周辺の筋肉が弛緩すると、楽になる方が多いですね。
Posted by koyuri at 2010年07月23日 22:46
koyuriさん。妊娠中の女性にはほんと多いですね。骨盤周囲の血行不良は大きな原因のひとつですね。
Posted by 鍼医K at 2010年07月23日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39783596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック