2010年04月23日

現役 鍼灸師Kの「思うところを述べよ!?」 vol.197〜あなたはだまされていませんか?

今回からメルマガのヘッダーとフッター部分は省略することにしました。バックナンバーでは必要ありませんからね。
それでは、ここから↓↓↓

4月も下旬だというのに結構寒い日があります。日照不足で野菜の価格が高騰しているようで、野菜好きな我が家としてはちょっと悲しい今日この頃です。

そして、今回は寒いと言えば、温泉に行きたいと思ったりするのですが、おいそれと温泉郷に行く訳にも行かず、自宅で気軽に温泉が楽しめたらなっていうような方には注意しないといけないというお話です。
◆◇◆ 今日のお題 ◆◇◆

 1.院長コラム〜貴方はだまされていませんか?
 2.あとがき

====================
 1.院長コラム〜貴方はだまされていませんか?
────────────────────

先日のニュースでこのようなものがありました。
「温泉」の基準満たさず ラドンやラジウム鉱石 - 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042101000893.html

国民生活センターが21日、「風呂に入れるだけでラドンやラジウム温泉になる」として売られている鉱石など10商品について、使用しても「温泉」の基準を大きく下回る成分の含有量しか示さなかったとする商品テストの結果を公表しました。

詳しくは国民生活センターHP内の「風呂に入れるだけでラドン・ラジウム温泉になるとうたった商品(商品テスト結果)」
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20100421_1.html
をご覧いただければと思います。

また、HPからもPDFの報告書がダウンロードできますが、ここにも報告書へのリンクを貼っておきます。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100421_1.pdf

温泉法によると温泉の定義は「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、温泉源から採取されるときの温度が摂氏25 ℃以上又は特定の物質のうち一つについて、規定の含有量を有するもの」となっています。また「そのうち地中からゆう出する水蒸気及びその他のガスを除く「鉱泉」で、特に治療を目的に供しうるものを療養泉としている。」ということなのですが「風呂に入れるだけでラドン・ラジウム温泉になるとうたった商品」はいずれもその温泉の定義に当てはまらない代物だったということです。

中には効能効果をうたった商品もあり、これは薬事法にも抵触しているおそれがあり、藁をも掴む重いで使用されていた方には気の毒な話です。

しかしながら、世の中にはこのような商品は少なくないのが現実です。悪意があるなしに関わらず、流行というかブームというか、そういうものに乗っかって開発された商品は少なくない訳です。

それにこのようなことは何も商品だけではなく、あらゆるサービスにおいてもごく一部であっても存在します。

わが鍼灸業界においても競合とされる代替療法や民間療法を行なう業界では上記のような詐欺まがいの広告が横行しています。

あなたのご自宅の郵便ポストにいろんな疾患が治るといったような表記がされた広告やチラシが入っていたことはありませんか?

これは薬事法に抵触する可能性が高いと言えます。

我々鍼灸師など医療に従事する物は基本的に疾患名などを記載してその効能効果や治療法等を広告には使用してはいけません。

代替療法や民間療法の中には医療行為として行なっていないから法律には抵触しないとか、取り締まる法令等が無いので、問題ないというようなことをおっしゃる方もいますが、そういうことならなおさら、効能効果をうたってはいけないと思います。

商品の売買だけでなくあるサービスを行なうことで代価を得る訳ですから、利用者を惑わすような広告などはあってはいけないのです。

それから、今回取り上げた鉱石にしても消費者はもっと賢くなる必要があります。冷静に考えれば宣伝文句が誇張だということは分るはずです。

もちろんTVや雑誌、ネットの情報でもその商品の宣伝文句が正しいかのように伝えているかもしれません。

もし本当に宣伝文句が100%正しいのなら、もっと世界的に知られていたり、具体的な研究結果が発表されていても不思議ではないはずです。

要は消費者が提供されるものが本物かどうかきちんと見極める力を養うことが大切なのです。

もちろん、宣伝文句を信じて使用するという方はそれでもよいのです。ご自身で考え納得して商品の購入をしたりサービスを受けているということであれば。

宣伝文句を信じることである程度のプラシーボ効果も期待できますから、きちんと納得していれば問題は少ないでしょう。


────────────────────
 2.あとがき
────────────────────
最近はネットの不及も手伝ってか、不景気のためか、マーケティング手法のためか分りませんが、いろんな商品情報も得られたり、購入なども気軽に出来る反面、粗悪な商品も多いんじゃないかと思います。
ほんと消費者は賢くならないといけませんね。

posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
世の中ダマされる人が悪いのか、ダマす人が悪いのかというというと、当然、後者が悪いのですが、痛みを覚えるのは大半が前者。

上手い話には裏があると、最初から考えないとダメなんでしょうね。
Posted by koyuri at 2010年04月24日 22:47
koyuriさん。残念ながらそのようです。消費者が賢くなるしか当面の対策は無いのでしょうね。
Posted by 鍼医K at 2010年04月24日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37332710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック