2018年07月25日

夏期大学講座 第1日目〜経絡治療における脈状診


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

前エントリーの続きです。
夏期大学第1日目の午後は経絡治療学会理事 (一社)徳島県鍼灸師会副会長 他多数 おおうえ薬局治療院 院長の大上 勝行 先生による「経絡治療における脈状診」との演題の講演と実技デモでした。

大上先生には他の勉強会などでも何度かお世話になっていますが、今回もよい勉強になりました。

「脈状診」ということになるとハードルが高いということもあり、経絡治療を行なっていない先生方や経験の浅い先生にも理解しやすいよう段階的に脈診についての解説がありました。とはいえ、やはり時間が足りないように思いました。段階を踏んで継続的に講演をしていただいた方がいいかもしれません。

さて、講演の内容ですが、「経絡治療とは何か?」ということから始まりました。脈診法は診察法のひとつであって、その診察でもって何を把握したいのかということが大事になります。

経絡治療では身体に現れた症状は表面に出てきた現象と捕らえ、その原因の本質を「経絡の虚実状態」に落とし込んで、把握し、そのアンバランスを整え治癒に導いて行く治療法です。

ですから経絡治療を行なう上でまずはどの経絡に異常が出ているのかを把握する必要があります。それを行なうのが「六部定位脈診」と言われる脈診法ということになります。

更に身体の状態をもっと詳しく把握するための「祖脈診」により病位(病が体表にあるのか体内の奥にあるのかなど)や寒熱(寒による症状か熱による症状かなど)を把握します。

更に詳しく診るのが「脈状診」で、約30種類に細かく分類され、病理や病証と繋がってきます。

以上のことを踏まえ、いくつか具体的に説明をしていただきました。また実技デモにおいてもモデル患者の状態を説明していただいて、実際に治療を行なっていただきました。

脈診は鍼灸師の間でもハードルが高いと敬遠している方もいますが、段階を踏んできちんとトレーニングすれば身に付くものですから習得しておきたいものです。

脈診は問診とは違い、患者さんの主観が入らない診察法ですから身体の状態を知る上で大切な診察法ですが、指先の感覚による診察なので、きちんとトレーニングしないと術者の主観が入りますので、やはりきちんとしたところでトレーニングすることが大事だと思います。

下記に大上先生の著書をご紹介します。
よくわかる経絡治療 脈診ワークブック
図解 よくわかる経絡治療講義
よくわかる経絡治療 実践トレーニング

東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える
毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183998995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック