2018年06月03日

江島杉山神社へ行ってきました!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

以前から一度は参拝を、と思っていた東京都墨田区の江島杉山神社と神奈川の江ノ島神社へ行ってきました。
江島杉山神社は現在、日本の鍼施術の主流である管鍼術を考按された杉山和一総検校と江
ノ島弁財天を御祭りしている神社です。
杉山和一検校はご自身が視力障害者となったということもあり、鍼灸やあん摩を視力障害者の職業とできるよう教育機関を作った方でもあります。
私自身が同様の境遇にならなければ存じ上げることは無かったかもしれませんが、鍼灸、あん摩を業とする者としてまた視力障害を持った者としても参拝したいと思っていました。
現在の鍼灸の業界は健常者の方が多くなっていますが、後進を育てていくということを考えると杉山検校の功績は絶大のものがあると思います。
私も出来る範囲ではありますが、後進の育成に役に立てればと思っています。

翌日は杉山和一検校が管鍼術を考按するきっかけとなった江ノ島神社(江ノ島弁財天)にもお参りに行ってきました。少し小雨の降る中でしたが、長い階段を上がって参拝をしてきました。
杉山検校は高齢になっても将軍の名により分社されるまで江ノ島神社に月参りをしていたそうですが、かなりの労力を要したと思います。労力を費やしても神仏に参拝するという心意気が大切ではないでしょうか。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 和み堂
この記事へのコメント
それは良かったですね。

患者さんの邪気と戦うには、神仏の力も大切なのではないかと、最近、かなり真剣に感じています。
Posted by koyuri at 2018年06月03日 23:01
koyuriさん。どうしても直接患者さんに触れる仕事ですから多かれ少なかれ他人の気の影響を受けてしまいますからね。特に体調を崩している方は邪気が体内に入っていますから施術する側も防禦できるようにしておかないと身体が持ちませんね。
Posted by 鍼医K at 2018年06月03日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183414449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック