2018年02月06日

新しいトリガーポイント療法


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

2月4日(日)は兵庫県鍼灸マッサージ師会 神戸ブロック 臨床研修会に参加してきました。

「観察研究からみえてきた新しいトリガーポイント療法」との演題で関西医療大学 保健医療学部 はり灸スポーツトレーナー学科 助教 北川洋志 先生をお迎えして講義と実技指導を行なっていただきました。
トリガーポイント療法を私は取り入れている訳ではないのですが、一応の基礎理論は書籍などで知ってはいますし、結果としては局所治療では経絡治療でも同様のことを施している場合もあります。

そんなトリガーポイント療法ですが、演題に「新しい」と付いているように、従来のトリガーポイント療法の進化型というか、以前の理論だけではカバーできていなかった部分を補っている理論が腑に落ちた感じがしました。

従来のトリガーポイントの定義は「筋硬結中の刺激により関連痛を引き起こす部位」ということで、筋や筋膜上に出現したいわゆる「凝り」を刺激すると患部に関連痛を生じる場所ということになります。なので、その硬結の除去や循環改善に焦点があてられています。

確かに硬結部位がトリガーポイントとなっていることも多いですが、硬結ではない部位であっても同様に関連痛を引き起こす部位もありますし、また筋や筋膜上だけではなく、腱や靭帯や骨膜などにもトリガーポイントを生じることも知られています。

上記を踏まえて、新しいトリガーポイントの捕らえ方としては痛みを感受する受容器(センサー)は筋や筋膜以外の腱や靭帯、骨膜などにも存在し、神経を除く運動器の痛みの発生源がトリガーポイントということが言えます。

通常は圧迫などをしても痛みを感じない強さで刺激した際に、受容器が過敏になっていることで痛みを生じる部位がトリガーポイントという捕らえ方になります。

では、従来のように硬結部位がトリガーポイントとなっていればまだ分かりやすいですが、ソウでない場合のトリガーポイントをどうやって見つければいいのか?

受容器が過敏科しやすい条件としては…
  1.何度も刺激される部位・・・姿勢保持筋や運動や仕事でよく使う所。
  2.強く刺激される部位・・・筋の起始停止や筋腱移行部などの異構造接合部。

以上の周辺で基本的には筋収縮動作で痛みを感じるところでトリガーポイントを探し、刺激した際に痛気持ちいい痛みを感じるところをトリガーポイントとするということになります。

今回の新しいトリガーポイント療法は局所治療法として有効な方法のひとつではないかと思います。
また、従来の理論でトリガーポイント療法を行なっている方にはもっと治療の幅を広げることに繋がるんじゃないかと思います。

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
痛気持ち良い場所を刺激するのは、喜ばれますね。凝りも緩和されますし。

それにしても、早く春が来ると良いですね。

冬は、痛みを訴える人々が増えて大変ですし。

Posted by koyuri at 2018年02月08日 21:24
koyuriさん。今シーズンは本当に冬が長いですし、寒さも厳しいですね。こちらよりももっと寒さが厳しい地域が多いですし、早く暖かくなって欲しいですね。
Posted by 鍼医K at 2018年02月09日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182347382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック