2016年08月06日

公社 兵庫県鍼灸マッサージ師会主催 夏期大学講座第2日目


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

8月5日(金)は夕方まで休診して兵庫県鍼灸まっさーじ師会主催の夏期大学講座第2日目に参加してきました。

午前は昨年に引き続き国際薬膳学院講師 鍼灸館館長の前田 智美先生をお迎えして「ココロとカラダの健康薬膳〜実用編〜」という演題で講演をしていただきました。

午後は「スポーツ鍼灸の基礎と臨床のコツ(講義・実技)」という演題で明治国際医療大学 鍼灸学部 保健・老年鍼灸学講座 教授 片山憲史 先生による講演と実技供覧を行なっていただきました。

午前の前田先生の講演は昨年より一歩踏み込んだ内容で、鍼灸治療・東洋医学と食養について実用例を踏まえてお話いただいて、今後の臨床においても患者さんへの食事指導のために参考になるお話を聞かせていただきました。

午後の片山先生の講演では主にスポーツ障害やコンディショニング、そしてリスクマネージメントについてのお話とそれに関連する実際の手技をご披露いただきました。

オリンピックイヤーということもあり、また高校野球も開幕するというタイムリーな内容でとても興味深い内容でした。

日ごろはスポーツ障害やコンディショニングに来院される患者さんはほとんどいないのですが、健康増進のためにスポーツを行なっている方も多くなっていますし、同時にそのスポーツを行なっている年齢層も中高年から高齢の方まで幅広くいらっしゃいますから、知っておくべき知識だと思いました。

最も興味深かったのはリスクマネージメントの話の中で的確な診断が出来ていないがために病院への紹介が遅れ、症状を悪化させてしまうケースがあること。

治療は患者さんの状態に応じて、的確な治療を選択する必要があります。鍼灸治療やマッサージ治療の適応外である場合はすみやかに病院受診を促せるようしっかりした知識を持つことが重要であると際認識しました。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
やっと夏休みを満喫しています。

休みになったばかりは、やらなければならないコトも多く‥‥

スポーツは大事ですが、普段使わなかった筋肉を使ったり、一部の筋肉を酷使するので、スポーツの後にしっかり疲れを取るという習慣が大事であるというコトを、是非とも皆に周知徹底して頂きたいものですね。

Posted by koyuri at 2016年08月18日 22:45
koyuriさん。スポーツ選手でない限りは身体に無理をし過ぎないことと、後のケアの徹底はほんと口をすっぱくして言って欲しいものですね。
Posted by 鍼医K at 2016年08月19日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176383217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック