2008年07月29日

苦悩の日々

最近、空いた時間にこのブログの設定をいろいろいじっているが、どうもうまくいかない。
スクリーンリーダーを使用しての操作にはかなり困難を極めるサイト構造になっていることも少なくないのが現状だ。

そして、このブログのコンパネもどうもうまく操作できない。
私はスクリーンリーダーを複数所有しているが、メインで使用するものは決まっている。他の人も同様にスクリーンリーダーをソ

フトなどによって使い分けをしたり、メインはひとつで他のスクリーンリーダーは補助的に使用しているという方がほとんどだろ

う。

本来なら、パソコンはキーボード操作が主体で、各画面の操作ボタンなどにキーボードでフォーカスが当たるのが自然の形だと思

うが、最近はそうではない。マウスでしか操作できないことも多々ある。キーボード操作が可能でフォーカスが移動できても、ボ

タンの部品が画像アイコンのみだったりすると、スクリーンリーダーではその部品が何か判断できないこともある。

スクリーンリーダー使用者の中にはパワーユーザーもいれば開発に携わる人間もいて、いろいろ工夫して一見、使いがたいサイト

やツールであっても使いこなす人もいる。

しかし、なかなかそこまで知識が追いつかないという方も多いだろう。
そのようなことを考えるとMacOSの英語環境ではスクリーンリーダーが標準装備されるようになった。またソフトも対応製品とす

ることが法律で定められたという話だから、うらやましく思う。

windowsでも同様に標準でスクリーンリーダーが装備されると良いのだが、なかなか難しいのだろう。ここでいう標準装備は実用

に耐えるレベルということを付け加えておきたい。というのもwindowsでもナビゲート機能は装備されていたはずだからだ。

日本語環境でOSにスクリーンリーダー機能が標準装備されれば、ユニバーサルデザインの観点からも評価は高いだろう。現在スク

リーンリーダーを販売している企業には良い話ではないかもしれないが、そういう未来を望む人は多いだろう。

そして、ウェブデザインも同様にアクセシビリティーの充実したサイトが標準になることを期待したい。

人気blogランキングはこちら
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ご立腹
この記事へのコメント
はじめまして。お邪魔します。
ブログ主様のご意見、全くもって同感です。
早くWEB環境が整備され、使いやすくなるといいですよね。
Posted by ぴーちゃん at 2008年07月30日 09:45
ぴーちゃんさん、はじめまして。コメありがとうございます。技術は日進月歩なのですが、なかなかその速さに対応しきれていない部分も多いですよね。対応するより先に技術がどんどん先行してしまうような状況では困るのですが、技術の進歩も必要なのでしょうから、難しいところですね。
Posted by 鍼医K at 2008年07月30日 10:29
ウーン、そういう難しいコトはさっぱり判らぬままやっているので‥‥

何と言うか、ヘボのまま前進している感じの人間ですから。
Posted by koyuri at 2008年07月30日 23:41
koyuriさん。いやいや私も全然分かってないまま、とりあえず全身している感じです。PCも携帯も家電製品は全体的に多機能で正直使いこなせていないのが、普通みたいな感じではないでしょうかねぇ。
Posted by 鍼医K at 2008年07月31日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17426059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック