2016年02月18日

今、飲んでいる薬は本当に必要なのか?


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

薬の服用による副作用リスクについては何度か取り上げたこともありますが、現在の医薬品の使用量をみていると本当に必要な時に薬が買えない、手に入らないなんてこともあるのではないかと…

「国内の医療用医薬品の年間売上高が2015年に初めて10兆円を超えたことが、調査会社IMSジャパンのまとめでわかった。」という記事が数日前にありました。

さらにその内訳をみると「 がん治療薬(8200億円)、高血圧治療薬(5600億円)、糖尿病治療薬(5100億円)が上位3種」ということです。

がん治療藥については抗がん剤にしてもその有効率や副作用などを考えるとその選択肢が必ずしもベストではないですし、高血圧や糖尿病に関しては生活習慣に起因するものが多い訳ですからそもそも生活習慣を変えなければ薬のリスクが大きくなってしまうと思います。

医療費の問題にしてもある程度自己努力を進めることで服薬の必要が減少する人が減薬に努めなければいずれ医療保険制度は破綻し必要な時に手に入らない代物になりかねません。

漠然と薬を服用している人や生活習慣を改善することで減藥できる人には今一度、服用している薬が本当に必要かどうか考えてみて欲しいと思います。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
不要な薬で、医療保険を食い潰して、将来、お金が無くて医療を受けられないという人々が大多数にナラナイ事を祈りたいものです。
Posted by koyuri at 2016年02月19日 23:19
koyuriさん。私もそう思います。もう少し将来を見据えた政策を行なって欲しいと思いますね。
Posted by 鍼医K at 2016年02月20日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174117542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック