2015年11月06日

新たな出会いは刺激になる!

ブログランキングに参加しています。応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ

11月3日は臨時休診させていただいて所属学会の特別研究会に参加してきました。

特別研究会は他の学会や研究会の著名な先生を講師としてお招きして日ごろの活動がマンネリ化しないように、また新たな刺激や気づきを得るためなどの目的で行なわれているものですが、とても有益な事業です。

今回は徳島県鍼灸師会 副会長であり、経絡治療学会 夏期大学講師でもある大上勝行 先生をお招きして「経絡治療の現在」という演題にて講演と実技指導をしていただきました。

私は養成施設時代にも大上先生の手ほどきを受けたことがあって10数年ぶりの再会でした。

大上先生は経絡治療を研究・実践されている先生ですが、同じ経絡治療と言っても古典書物の解釈の違いなどによって少しずつ違う点があります。

相違点は単純に正誤ではないのですが、一つの現象もその切り口によって表現が変わったり捕らえ方に違いが出るということだと解釈しています。

同じ人を診ている訳ですから本質的な部分はそう変わるものではないはずですし、アプローチが少し違うということなんだと思います。

何はともあれ、他の学会の第一線で活躍されている先生との交流はとても刺激になります。感謝感謝!

大上先生の著書を下記にご紹介します。

東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える

図解 よくわかる経絡治療講義

毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法

鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学
この記事へのコメント
良かったですね。

来週は、娘も鍼の研究会です。
Posted by koyuri at 2015年11月07日 21:50
koyuriさん。治療家は常に勉強しなければなりませんね。どういう人と出会うかで方向性も変わってきますし、いい刺激を得られるとモチベーションアップにも繋がりますね。
Posted by 鍼医K at 2015年11月08日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167276234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック