2018年08月10日

夏期大学講座第2日目 〜治療院経営・スポーツ鍼灸の現状と課題〜


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  FC2ブログランキングへ
すでに1週間前ですが…8月3日(金)は(公社)兵庫県鍼灸マッサージ師会主催 夏期大学講座第2日目でした。
午前は徳島県鍼灸マッサージ師会 副会長、徳島県保険鍼灸マッサージ師会 理事、有限会社くつろぎや 代表取締役の谷川仁士 先生による治療院経営の講演でした。

谷川先生がこれまでどのように治療院を作り、どのように事業展開を行なってこられたかについて経験談を踏まえてのお話を聞くことができました。
どのようなコンセプトで事業展開をしていくのかと言うことは個々それぞれ考え方があるとは思いますが、個人経営が多い鍼灸マッサージ業界において法人化するメリットやデメリットを聞くことができたのは参考になりました。

午後は筑波大学オリンピック・パラリンピック総合推進室員 宮本俊和 先生による「スポーツ鍼灸の現状と課題 -東京1964 vs 2020-」との演題の講演でした。
宮本先生は国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、筑波大学理療科教員養成施設長をこの春に退職されましたが、長きに渡り障がい者スポーツなどに携わってこられた経験を踏まえお話をしていただきました。
2020東京オリンピックが刻々と近づく中、スポーツへの関心は更に高まってきていますが、トップアスリートだけでなく、健康の維持・増進などを目的とした中高年層のスポーツ障害についても問題が大きくなってきています。
そのような現状の中、鍼灸マッサージが果たす役割は大きくなっていますし、また効果も期待できるのですが、認知度、受療率がまだまだ低いというのが現実です。
また、実技指導では肩関節周囲におけるスポーツ障害について詳しく解説していただきました。理療科教員課程には視力障害の方もいらっしゃるので、視力障害者に配慮した実技指導となっており大変分かりやすい実技指導でした。


鍼灸治療院 和み堂 公式サイトはこちらをクリック!
  *治療のご予約・お問い合わせもHPから行なえます。

鍼灸治療院 和み堂 Facebookページはこちら♪
  *休診日のお知らせなども行なっていきます。お問い合わせメッセージなどお気軽にどうぞ!「いいね!」もよろしくお願いします。
posted by 鍼医Kまたはハリー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 和み堂